あえて下位殺しの汚名を着て

浦和の方が見に来てくれていたようなので、ちょっとサービスで甲府戦を予想してみました。結果は1-1だったようで。予想通り。もちろん、私の戦略など見ているわけもなく、甲府はアグレッシブに走り、サッカーをしたということだ。惜しむらくは失点の場面。なぜ、アレックスの左側のシュートコースを塞がなかったのか?頭を使うことを忘れたのだろうか?もったいない。アレックスは素晴らしいけどね。

九石ドームはお互い気合の入った戦いだった。苦しい試合だったが、精一杯やっていたのはわかった。しかしまあ何と言うか、あれだね。シュミレーション合戦のサッカーは何度も言うが私は好きではない。関東を中心にその技術は磨き抜かれ、審判は選手の動きを常に見続けて分析し、癖を見つけ、判断できる勉強をしないと笛は吹けない段階に来ている。これが高校、中学、小学校まで広まっていけば、サッカーって本当につまらないスポーツになってしまうよ。
今日の場合も、突き詰めれば参考映像としてのビデオ映像があればそれを判定材料とすることができたが。やがてルール改正が必要になる時が来ると思う。でなければ、審判はキャンプ回りをして勉強するべきであろう。
家本氏は、何かと問題を起こしている審判である。彼の問題は、笛に余裕が無いことだろうか。顔がいつもいっぱいいっぱいの顔をしている。一言で言うと心が弱い。自信が無いから判定がぶれる。選手に舐められる。詰め寄られると揺らぐ。
上本は磐田仕込みか誰からの伝授かわからないがああいうプレイをする選手として目をつけられているだろう。今回、あの場面は非常に微妙なシーンだったが、家本氏は走る力が無いので見ていない。だから線審に確認したのだが、関塚監督の抗議が執拗だったため、それが通ったような形に見えたのがまずい。また、実際、上本のひじは入らなかったかも知れないが、その判定を促したのは上本自身のプレイスタイルにも問題がある。レッテルが貼られているのだ。結果的には関塚監督の必死の抗議が家本の判断を変えさせ、川崎はかろうじて敗戦の危機から脱したと言って良い。
家本氏にやってもらいたいことは、「俺はフェアーにしっかり見ているから安心しろ。だからお互いフェアプレイをしろよ」といった方向にゲームをもっていくこと。そのためには目によるコミュニケーション、短い言葉のサジェッションが必要。上本やジョニーニョ、その他大勢のフロンターレ選手たちにも落ち着かせて、注意を与えることをこまめにやらないとみんな納得しないだろう。
成績上位チームを優遇する審判といった風評が立つことに本人はどう思っているのだろうか。

浦和との勝点差:
[PR]
by worsyu | 2006-07-30 02:21 | サッカー | Comments(0)
<< ビデオ判定導入を望む 甲府へ >>