福岡の逆襲はあるのか

紀子様の男児ご出産。今日はその話題で持ちきりか。はるか西域イエメン戦の取り扱いは・・・
オシムはリスクを犯しても梅崎を投入するか。結局、今の段階ではオシムの目指すサッカーなんてできるわけもなく、個人技に優れた選手が目立つのは仕方の無いこと。だから、アレックスになってしまうわけで。そこに千葉の走り隊をブチ込まれても、連携は取れないわな。いきなりスペースに走りこまれても、合わないわな。サッカーはリズムだから。
まあ、梅崎が出て活躍すれば、協会の広報的には良いんじゃないか?

ところで、10月1日からボーダフォンのロゴマークがソフトバンクに変更されるそうで。来年の胸ロゴが心配な浦和にとっては気が気じゃない。もしかして胸にあのソフトバンクの黄色の筋が入るかと思うと愉快(グレーの帯になるらしい)ですね。まさに福岡の逆襲(オリンピックの腹いせ?)。いいじゃん、どうせ落下傘クラブなんだから。
まあ、福岡のサッカーファンにとっては、アビ応援するよりも、全国区の浦和をいっしょに応援した方が楽しいでしょうけど(実際、隠れレッズファンは福岡に大量に生息している模様。ブラックバス並みに増殖し、アビの生態系を崩していく恐れあり)。もっとも、純粋な浦和サポにとってはいい迷惑。しかし、それならそれで大分トリサポにとっては、尚のこと燃えるけどね。来年も「九石浦和血祭り」が行われますように!!
いっそのこと、孫さん、♪こっちの水は甘いぞ!って、それは無いだろうけどね。こっちもごめんだ、とは言えないけど。ウチは来るものは拒まずですから・・・
さて、どうなりますことやら・・・

そういえば週末、その福岡アビと対戦があるらしい。

浦和との勝点差:
浦和ソフトバンクレッズ誕生まで:25日

ご進物に「十勝の甘納豆」
[PR]
by worsyu | 2006-09-06 11:03 | サッカー | Comments(0)
<< 司代表デビュー バラバラ >>