「ほっ」と。キャンペーン

チャンピオンを迎えて

ガンバ大阪には何故か相性がいい。おそらく、攻撃力のあるチームに対し、守備が機能し、相手のペースが乱れることが勝因だったように思う。カウンターサッカーがはまった。
しかし、今回はガンバも4バックにシステム変更し、梅崎や松橋らのサイド突破を防ごうとしているのが伺える。気合が入っている。優勝争いから来るプレッシャーもなく伸び伸びとやってくるだろう。そんな彼らのプランを狂わせるには、やはり、守りが大切!!遠藤につくエジがイエローを貰わずに抑えることも大切だろう。

今回は、浦和戦とは違い、さすがに私も弱気だ。なにせ、2年連続優勝を狙う日本一のチームだからだ。もし、そのチームに3連勝するなどしたら、いったい、トリニータはどんなにすごいチームなのだということになる。単なる大物食いではない。4位以内を狙える力が付いたと言えるのではないか。もし勝ったらの話だが。
いずれにしても、トリニータもほぼベストメンバーで臨めるのでいい戦いができるのではないか。浦和戦以上に熱い気持ちと冷静な判断力が必要となる。最後は、GKの神がかり的スーパーセーブが必要かもしれない。DFも一瞬の集中力も切らさず最後まで戦って欲しい。

内村はもし起用されたら、攻撃的に行って欲しい。強さを見たい。今までと違う一皮むけた彼の姿を見てみたい。今までの上手いけど軽いプレイではなく、多少下手でもつなぐ意地を見たい。
ファンタジスタは必要ない。力強さの中でそれが発揮されればそれでいい。

浦和との勝点差:10
浦和ソフトバンクレッズ誕生まで:15日

草加せんべいなら「いけだ屋」
[PR]
by worsyu | 2006-09-16 11:19 | サッカー | Comments(0)
<< 目標を見失うな 愛する価値 >>