リベンジ-強い心で

さて、トリニータの反撃(リベンジ)のチャンスがやってきた。
磐田、千葉、(川崎)、横浜F、FC東京ともう一回戦える。特に磐田と千葉には勝ちたい。多くのトリサポも積年の思いがあるだろう。いつか越えなければならない壁。ならば今回越えようよ。
前節、ガンバ相手とはいえ、私は2-0というスコアに納得していない。審判問題があったにせよ、もっときわどい接戦に持ち込めたはずだ。それができなかった。まるで福岡のように攻めながら得点できない。可能性はあったが、決めきれない。決して悪い形ではない。しかし何かが足りない。よく走り回ったし、チャレンジしていた。しかし、つまらないミスがなくならない。結局、それが全てだ。守りのミスが全てに影響したと思う。
最初の三木のパスミスは、あの位置であのコースを狙うのはリスクが高すぎる。落ち着くまでの魔の時間帯(5分)での失点。「懲りない」と言われても仕方ない。ガンバは飛ばしてきたのはわかっていたはず。ガンバのようなトップチームはミスを逃さない。決める。
2点目は、上本が中に簡単に抜かれた時点で終わり。なぜ、付いていき、シュートコースを押さえなかったのか。バンドに球が渡った瞬間に勝負が決まってしまった。一瞬の心の隙というにはあまりに大きな代償だった。
今後、勝ち点3を稼いでいく上で重要なのは、やはり守りをいかに緻密なものにするかということだろう。
今回の相手-磐田はゴール前でも細かいパスをつなぐ。スペースを与えるとどんどん抜かれる。川崎戦でも見せたリズムに乗った分厚い攻撃は脅威だ。しかし、そのリズムにも法則がある。パターンがある。シャムスカは必ずその法則を見つけ、指示してくれるはずだ。しっかり集中して守りきれば勝機は必ずやってくる。

何度も言う、本当の戦いはこれからだ。今の6位という順位から最終的に4位まで上がるためには、20点は必要だと思う。6勝はしたい。そして、負けたくない。最悪でも引き分けたい。だから、6勝4分1敗が希望だ。すると22点となり、58点となる。おそらく、優勝ラインは70点近くになるだろう。やはりG大阪と浦和だろうか。そして、3位から5位までが61~55くらいになるのではないか?取らぬ狸の皮算用で、これ以上考えても仕方の無いこと。とにかく、この位置で戦えることをまずは感謝したい。しかし、満足することなく、先に進もうよ。まだまだ上があるよ。
そういえば、最近、勝利した後の「ピエ・イエズ」を聴いていない。

浦和との勝点差:13
(浦和)ソフトバンクレッズ誕生まで:11日

草加せんべいなら「いけだ屋」
[PR]
by worsyu | 2006-09-20 18:12 | サッカー | Comments(0)
<< 「ピエ・イエズ」を聴きながら 無問題 >>