リベンジ最後の壁

前回、九石ドームで行われた戦いでは、0-3の惨敗。DFのミスからの失点という自滅気味の展開。
攻撃陣が機能しなかった点は、あえてオズマールのせいにしておこうか。
「俺たちの力はこんなものじゃない」
次節、鹿島との戦いでそれを実証した。最後まで集中して戦えば必ず勝つ。そして、シンデレラボーイ梅崎の誕生。
その後、大分トリニータは見事に復活した。チームとしてのパフォーマンスが向上した。松橋、梅崎、高橋、高松、と攻撃陣が活躍。よくぞここまで来たと言ったところだ。
現在、他チームに故障者が続出する中、主力のけがによる離脱が出ていないのは、フィジカルコーチ2人体制のおかげか。綿密に計画されたメニューと管理により、選手らもよく期待に応えてくれている。

千葉は、オシム代表監督の指揮していたチームということで、戦術理解が浸透しているという意味だろうか、代表選手を浦和と並び多く輩出(排出)しているチームである。スペースを作るために走り、マークをはずし、攻撃の厚みを見せる。2列目から積極的に飛び出してくる危険なチームだ。しかも、競り合った時の汚さも川崎並みにある。このあたりは冷静な審判のジャッジをお願いしたい。
なぜ今まで勝てなかったのかという理由は、やはりオシム監督の存在が大きい。カリスマ性による自信。不利な状態に陥っても修正する力があった。
今、我々が上位にいるが、実力は千葉の方が上だと一般的には思われている。実際、そうかも知れない。千葉の選手たちは代表に選ばれるためにアピールしようとするだろう。そこが狙い目だ。挑発には乗らないように。冷静に!!羽生、巻、阿部、佐藤らがあせって孤立する場面を作り出せばいい。無駄走りをさせ、球を持たせ、連動性を無くしていけばやがてパフォーマンスは落ち、チームとして機能しなくなる。トリニータの守備陣、そして、MF陣は集中して欲しい。(何度も言っている気がするが、相手が上手けりゃしょうがないが)

それにしてもJR京葉線のトラブルは都市機能の脆弱性を再認識しました。そろそろ天皇は京都に帰って、遍都した方がいいのではないか?首都圏混み過ぎ。浦安もずいぶん変わったのですね。



浦和との勝点差:13
(浦和)ソフトバンクレッズ誕生まで:2日
[PR]
by worsyu | 2006-09-29 14:12 | サッカー | Comments(0)
<< 勝ちたいと思う 美しい国 >>