祈り

NHK大分のローカルニュース番組のコーナー「おおいた人物録」を見た(夕方6時過ぎから)。シャムスカ監督を取り上げていた。次週も続きがあるそうで楽しみだ。
シャムスカ氏の言葉は優しいけど、信念がある。サッカーに対する情熱と指導することの喜び、そして、サッカーを通じて選手、サポーターとの一体感が得られることのすばらしさを語っていた。
選手がグラウンドに入場する際、シャムスカ氏は控え室で神に祈っているそうだ。それは、勝利を祈っているのではない。「選手たちが怪我をしないように守ってください」と祈っているのだそうだ。(感涙)
対戦チームを分析し、戦術を考え、選手に伝える。自分たちの力を十分に出すことを考え、モチベーションを高めていく。それで怪我なく十分戦えたらそれでいいではないか。結果は自然と付いてくる。自分の力を出し切ればいい。もし、後悔するとすれば本来の力を出し切れなかったこと。
もっと、高い次元で試合をするように心がけていけば、必ず勝利するようになるし、楽しめるようになる。

この人はすごい。尊敬するに値する人間だ。
[PR]
by worsyu | 2006-10-03 12:55 | サッカー | Comments(0)
<< 胸を張って 繰り返される誤審 >>