豊肥の旅路

熊本は暑かったねえ。毎回そうだけど。今年はまだ10月だから良い方か。9月だったらこんなもんじゃない。ゴール裏のみなさん大丈夫でしたか?
朝8時すぎに出発。本当は7時30分に出たかったが洗濯とかいろいろあって・・・そこまで時間を延ばしても忘れ物はしてしまうわけで、情けない。順調に国道57号線を進む。朝地のローソン、竹田のドライブイン、波野の休憩所で同胞を見かける。前のトラックが遅くて少しイラつくが、竹田を過ぎて追い越し車線で抜く!!「煽ってないですよ」基本的に私は飛ばしません。
阿蘇町の交差点でいつものように少し混んだが、それを過ぎるとスイスイと思ったよりも流れた。立野を過ぎると安心する。はるか彼方に白く光る屋根を確認!!しばらく走っていると脇を2台のフェラーリがタンデム走行。ナンバーを見ると品川と熊本。車種はまったく同じ。顔は似ている。黒のTシャツにサングラス、柔な白い肌。「兄弟か!」
KKウィングに曲がる時には前後とも大分ナンバー。駐車場着11時15分。すでに七分~八分ほどの埋まり具合。12時あたりに来た人はちょっときついね。1時だと警察のところまで行かないと無理かな?(もうすっかり俺はKKウィング通)

試合が終わって駐車場に帰ってみると毎度のことながら大変な状況に。一寸ズリ状態。諦めて芝生で遊んでいた人も多かった。私はぐるっと回りこんで入口側の列の後ろにつけた。割り込むよりも気分いいし、こちらの方が早い。実際出るのに20分も掛からなかった。向こう側で割り込みながら苦労していた人たちはたぶん1時間は要していただろう・・・
帰りの道は立野の混雑を嫌い、大観峰コースを選んだ。信号無いし、混雑も無い。スイスイだ。しかし、夕闇から夜になって暗い中を高速で飛ばすのは思っていたよりも疲れる。後悔した。神経磨り減った。
途中、実家に寄りながらゆっくり遊びながら帰ったのだが、結構疲れた。もう若くないんだ、と実感した。
[PR]
by worsyu | 2006-10-16 11:41 | ひまネタ | Comments(0)
<< 宣教師 戦おうよ >>