気持の勝利


結果は、勝利。
高松はいいねえ。すごい。そして松橋の華麗なる復活。
戦術の修正が成功したということか?このチームは先制することで勝利の確率が高くなる。それは、松橋のスピードがあるからだ。うまくカウンターが決まれば松橋のスピードについて来れる選手はそういない。後は、決めるか決めないかだけ。鹿島は両センターバックが高い。強い。しかし、スピードはない。だからラインを高く上げてプレスを前からかけてオフサイドトラップで防ごうとしたのだろう。しかし、大分もそう単純には裏を狙わない。
松橋にいかに裏にうまく走りこませるか。今日の試合では、その一点が機能して勝利に結びついたといえる。山崎はうまく走り回って松橋のにおいを消していた。いい仕事をした。
高松のサイドや下がった位置からの溜めは、中盤の選手の飛び出しを可能にしていた。鹿島は前半15分で終わったようだった。ゴール前で組み立てようとしているだけでそこから先にはなかなか進めなかった。
後半、高橋が入ってからますます鹿島は混乱した。そして、2点目は、サイドを抜いた松橋から中央の高松へ。松橋の左足の折り返しもうまかった。高松の右足アウトも巧み。きれいだった。

まあ、こんな試合、相手が阿呆だからできたようなもので、進化と見るべきではない。もちろん、気持はみんな入っていたが。もっと、球の支配率を高くして、いろんな攻めのバリエーションを作っていって欲しい。
松橋は何かを掴んだんじゃないか?それが収穫かな。

あっと、それから、1点目のVTRが流れてみんな納得。それまで、「入った~」、「えっ入ったの?」、「いや入ったみたい」、「いやだめか?」。
だから、今やVTRは大切なんだって!線審はよく見ていたね。草サッカーだったら外野から「入ったぞ~」とか声が上がるし、守っている方も皆紳士だから認めるんだけどね。
[PR]
by worsyu | 2006-10-29 22:20 | サッカー | Comments(0)
<< シャムスカの真髄 車椅子マラソンを見る >>