「ほっ」と。キャンペーン

負けたか

名古屋の方が気持ちが入っていたということか。なにせ残留争いに引っかかっているチームの負けたくない度はすごいよ。
トリボールになって攻めに転じても名古屋の戻りは速かった。最終ラインもきっちり松橋対策ができていたみたいで。お互いにミスをした方が負けになる展開に突入。
後半頭からトリニータの怒涛の攻撃。しかし、崩せない。中の守りは厚かった。個人的には高橋投入が遅かったというか、後半から、できたら頭から使えば違っていたのでは?という感想だ。
失点場面は大海が競り負け、三木はかぶってケア放棄。深谷は釣られてしまい抜かれる。あ~あ。
見所の少ない試合で盛り上がらなかった。
個人的には山崎のサイン入りミニボールをゲットできてうれしかったけど。(ニヤ笑)山崎が蹴った瞬間、アウトに掛かっていたので来るのを予測できた。奥さんが手を伸ばしていたが取りそこなうのが怖かったのでジャンプしてひじを絞込み、キーパーキャッチをした。見事だった。敵は身内にあり!!自画自賛。
後から奥さんに「私のところに来たのに~押しのけられた」と言われた。
それにしても寒かったですね。夜から寒くなるとは言っていたが、こんなになるとは思っていなかった。認識甘かったです。試合が終わって駐車場に帰る際、空を見上げると、北風で雲が左右に割れて流れているのを確認。山の上の景観はきれい。寒いはずだ。それから、山ミミズ。うようよ。子供キャーキャー。自然の中にコンクリ敷き詰めちゃってごめんね。

高松が代表選出。やっとか、といった感想がトリサポには多いと思う。ただし、代表では、今までの松橋とのコンビということではなく、積極的にゴールを狙えるポジションに位置取りしていいと思う。昔のゴールゲッターとしての高松の姿が見られるはずだ。決まるか決まらないかは別として。
[PR]
by worsyu | 2006-11-12 12:34 | サッカー | Comments(0)
<< トップチーム 金八先生の限界 >>