「ほっ」と。キャンペーン

怖がっていちゃだめだよ

U-21の日韓戦の感想は、まあ、よく引き分けに持ち込めたものだ、といったところか。
私の予想だと1-0で負けだったが、相手の韓国が1.5軍ということもあり、相手の決定力もなかった。
韓国の1点は前半終了間際。個人技で抜けて強烈なシュート。練習していなくてはできないすごい技。
日本の印象は、球は持っていたが崩してもシュートに持っていけず、主導権を握ることはできなかった。
これがベストの布陣と思うと情けないくらいの出来だった。目立ったのは、水野と家長。そして、得点を決めた増田、そして途中出場ながら流れを呼び寄せたカレンぐらいか。
電柱は所詮電柱でしかなかったわけで、それ以上を望むのは酷。
DFははじくことに専念していればいいのだが、それ以上の技はできないみたい。柳良がいなかったのでそんなには崩れないとは思ったが甘かった。
Gkの松井は西川の代わりなどできるはずもなく、危なっかしい場面を何度も見せていた。これじゃあ、DFはラインを上げられないし。
水野と家長が活躍できたのは、サイドだからであって、韓国の中央は固めていた。得点できたのは、速く上げたので韓国のDFがタイミングを合わせ損ねただけ。増田はごっつあんゴール。しかし、落ち着いて決めたのは見事。
韓国のすごいところは、接触プレイを厭わずガンガンやってくる。しかも、つぶしが速い。だから、日本選手がトラップミスをするのを狙ってきていた。そこからのカウンターは怖かった。しかし、決める選手がいなかったので助かってはいたが。
韓国では監督の去就問題も出ていたので、とりあえず1.5軍とベストメンバー(という振れ込み)と引き分けたことで満足しているみたい。
日本では、負け惜しみの強い理論派の監督の解説によると、満足しているそうだ。ふ~ん。
どんなに形を作っても最後に決めるFWがいなけりゃ無理なんだけどね。あいつに渡せば何とかしてくれる。と思わせるFWがいればねえ。
ところで、市原はどうなんだ?顔を見せて欲しいね。どのくらいのものか見てみたいね。もっとスピードがあればおもしろい存在になると思うんだけどね。
シャムスカの手腕に期待するとしよう。育ってくれると本当にうれしいね。
[PR]
by worsyu | 2006-11-22 15:41 | サッカー | Comments(0)
<< 流れに乗れていない 好事魔多し >>