流れに乗れていない

なんだ、この空気は。
試合前の雰囲気はまるでナビスコ。残留はできたし、上位に向かう目標も見出せず。暴風雨の中、みなさんごくろうさま。屋根付きドームは助かるわあ。幸せ。恵まれている。でも、寒かったあ。贅沢?

今日の収穫は西川の姿を見られたこと。試合前に松葉杖をついて挨拶に現れた。
「西川!」思わず声が出た。そして、ゴール裏からの熱烈西川コール。(感涙)

試合のほうは、前半は相手が負けたくないのか引いていたのでどんどん攻め込んでいた。結局、オウンゴールだったが、攻めていたし、悪くは無かった。でも、やっぱり、流れの中で1点欲しかったね。実際、チャンスは作れていたが。精度不足。もったいないプレイが多かった。
松橋がスランプに陥っている。せっかくのスピードが活かせない。山崎の方が目立っていた。役割が被っている。高松は代表に呼ばれてから少しおかしくなった。
後半に入って追加点を狙って攻め続ける。しかし、同点、そして、逆転されてしまった。何が問題なのだろうか。
GK下川はあんなもんだろう。強いて言えば2点目はちょっとね。
監督も考えがあるのだろう。梅崎、高橋といった好調時のレギュラー陣を頭から使わずに戦っている。彼らの成長は今後のチームにとって重要だからそれも考えての起用法なのだろう、と。
敢えて攻撃陣にカンフル剤的なものを考えると、根本の替わりに梅崎を使い、後半から投入という手もあると思うのだが。どうも、根本からの攻撃がしっくりいかない。もっと運動量があって、サイドをえぐる動きができる選手の方がいいのでは?中がバラけないと球を上げても弾き返されるだけ。数的にもズレないし。
まあ、横浜戦では何らかの修正をしてくるだろう。戦いは続く。
[PR]
by worsyu | 2006-11-24 02:04 | サッカー | Comments(0)
<< レッズ優勝へ 怖がっていちゃだめだよ >>