チーム状態の差

改めてシャムスカ監督の手腕に脱帽。1-0。決勝点のエジミウソンのシュートは、中西の足に当たってコースが変わり、オウン気味にゴールに吸い込まれた。運がよかっただけだろうか。根本は、「みんなの勝ちたいという気持ちの強さがゴールに繋がった」と言う。(あの場面、司、そして、ラファエルのアシストは見事だった。フォア・ザ・チームを感じさせる。ラファエルの可能性を見る思いがした。)
確かに、サッカーはそんなに点が入るスポーツではない。ラグビーのように体力、走力勝負での消耗戦というものでもない。攻められていても少ないチャンスから点を狙うこともできる。前節、2-1で負けたものの、試合の入り方はそんなに悪くなかったし、修正の跡が見られた。後半に崩れた点のみの修正ができれば全体のバランスを崩すような選手起用をする必要もない。あえて動かなかった選択が今回の勝利に繋がったとも言える。それは、計算されていたことなのか?前半、押されながらも、強い気持ちで守りができていたことが消極的な攻めにならず、守りに入ることなく後半に繋がったと言える。これが大切。

横浜は開幕4連勝でトップを走っていた頃と比べて、見ていてかわいそうなくらい貧相なチームになってしまった。今回、ドゥトラ、中沢、河合が欠場。そして、何といってもマグロンがブラジルに帰ってしまったことが大きい。そして、とうとう岡田監督の更迭。選手層は厚いがみんな計算以上のことはやらない。水沼監督はいじり回して選手からの信頼を失いかけている。試合後の解説は饒舌だが、あまりしゃべりすぎると益々チームから不信感を生むだろう。
マリノスのチーム建て直しについてここで言及するつもりはない。また、機会があったら。
それにしても、吉田は大丈夫なのだろうか。
[PR]
by worsyu | 2006-11-28 15:02 | サッカー | Comments(0)
<< 来季に向けて レッズ優勝へ >>