弱ぇ~気持ちが~

多くのトリサポ同様、U-21の対北朝鮮戦は、途中で眠ってしまいました。前半、ゴールエリア前でFKを献上。
「ありゃあ、やっちゃったよ」
この位置は上手い奴なら絶対入れる位置だと思った。案の定、入れられた。おまけに松井はかすりもしない。おそらく、蹴る瞬間を見ていない。壁の位置を修正して見えるようにしないと反応が遅れる。この先制点は大きかった。
一番悪いのは、DFのファウル。体を入れられただけでファウルしていたら大変だ。安易。付いていってコースを消せば良かった。GKを信じてシュートを打たせれば助かったかもしれないのに。
その後、同点になったが、前半1-1のまま折り返し。その後の記憶が定かではない。後半の途中から眠ってしまった。気づいたときには2-1だった。
まあ、前にも書いたが、西川がいなきゃ勝てないチームだから、仕方ない。平山や松井や反町を批判してもしょうがない。初めっからわかっていたことだったから。このチームは、「西川のチームだ」っていうこと。西川が何とか守りきってリズムと流れを呼び寄せて勝つチーム。2点、3点と点を重ねて突き放す爆発力も圧倒的に相手を押し込む力強さもない。その要がいなけりゃ何も怖くないからだ。

神戸と福岡は、辛くも福岡が引き分けに持ち込んだみたい。神戸も決める力無いねえ。次の博多の森では、三浦淳宏が仕事してくれるだろう。福岡は0点に終わったことで、精神的にやや不利か。監督があんな感じなので、選手はよっぽど強い気持ちを持たないと押し切られてしまいそう。精神力の勝負になりそうだ。ここまでくるとカード次第といった展開も考えておくべきか。冷静に試合を進めることも大切になってくる。
福岡は前回、J2に転落した際は守りに執着しすぎて、自滅してしまった。今回も消極的な戦い方をしてしのげると思っているのだろうか。サッカーの神様はリスクを犯しても攻撃しようとするチームにこそ微笑んでくれるのだよ。それがわからなきゃ何度でも行ったり来たりのエレベーターだ。
U-21戦で、攻める心の意識の大切さを痛感した。
明日は吹っ切れた福岡を見てみたい。できるかな?
それにしてもガチンコはつらいねえ。
[PR]
by worsyu | 2006-12-08 14:21 | サッカー | Comments(0)
<< 食文化のブランド化 神戸VS福岡 >>