サッカーのレフェリングって

日本シリーズが始まった。見始めると結構おもしろい。昔は、結構はまっていた。今でも、緊迫した場面では、引き込まれるね。
第一戦で問題が起きた。これを説明すると、わかる人はわかるけど、わからない人は全然わからないと思うけど。うまくいくかな?
中日の攻撃。1死1塁かな?バッターはキャッチャーの谷繁。打球は足元に落ち、西武のキャッチャーがダミータッチ。そして、これを主審がファウルでないことを表すフェアーの指示を出し、その次に、打者アウトの指示を出す。球はすでにセカンドに送られ、ノータッチでフォースアウト。そして、ファーストに送られる。ダブルプレイ成立。チェンジ。
しかし、中日落合監督は抗議する。2塁に滑り込んだ選手に対しては、打者がアウトとなった時点でタッチプレイになるはず、だから、セーフだと。そりゃそうだ。しかし、西武の伊東監督は譲らず、49分間の試合中断となったわけだ。
このケースの問題点は、塁審がアウトと誤審したこと、そして、主審がノータッチをタッチとしたことの2点にある。そして、主審が絶対であるので、主審の誤審は認められ、塁審の誤審が誤審とされたわけだ。

この前、熊本でトリニータの木島がシミュレーションの反則を取られた場面があった。私は遠くで見ていたので、よくわからなかったが、以前から、木島のプレイには、シミュレーション気味のものが多かったし、それでPKを貰った時もあったので、「まあそうなのかな」と納得した。一番近い審判がそう言うんだから、そうなのだろう。しかし、後で、木島は、「あれは相手の足が当たっていた」と証言している。

サッカーの審判はいいかげんである。時としてゲームそのものを壊してしまうことがある。ひいきが出る場合もある。しかし、それがサッカーなのだ。悔しいけど。
私は、シミュレーションプレイに対しては、一発レッドカードでもいいと思う。ただし、明らかになっていないものは、流して欲しい。故意でないプレイに対しても、イエローを取っていたら、上手い下手で決まってしまう。不公平である。
見ている側もそうだが、プレイしている選手、そして、審判にとってもわかりやすいルールが欲しい。絶対誤審が許されないというものではない。サッカーはそこのところは曖昧にしている。ならば、納得のいくルールにして欲しいものだ。
そう思わないか?大体、取り過ぎ。
草サッカーなんかじゃ取らないよ。これも問題といえば問題なのだが、サッカーは格闘技なんだよ。違うか?
[PR]
by worsyu | 2004-10-20 17:08 | サッカー | Comments(0)
<< ベルガーの誤算 つらい遠征 >>