ウッチー愛媛へ

内村が愛媛に行くことになった。
去年の今頃、マグノ、吉田の移籍が発表され、このチームはこれからどうやって戦うのか不安に思ったことを思い出す。シャムスカは、「吉田の代わりなら内村がいる」と言い、飛躍の年と期待されたが、伸びきれず。逆に梅崎の台頭で存在が薄くなってしまった。印象に残るのはG大阪戦での幻のゴールくらいか。運も力のうち。広島戦でのゴールでおあいこか。
どこか捉えどころの無い、不思議な動き方で期待をしてしまう選手。サッカーセンスがあるため、周りから期待され続けたが、結局、梅崎の成長に比べてその延び幅は小さく見えた。やがて、梅崎の活躍とともに内村に対する期待度も萎んでいってしまった。スピード、テクニック、センスはまあまあ。しかし、フィジカルに弱さがあり、体力的には不安な面も。90分パフォーマンスが続かない。使い辛い選手。精神的にも弱さがあり、集中力にも問題か。環境を変えることで新たな道が見えるかもしれない。内村の判断は決して間違っていないと思うよ。
J2の過酷なスケジュールの中で常時レギュラーでい続けることも大変だし、移動の苦労はもっと大変。本当ならば柴小屋のように、20歳前後でJ2を経験した方がよかったかもしれないが。行くなら今しかないだろう。この先、どうなるかわからないが、とにかく怪我をせず、チーム建て直しの主軸として愛媛でがんばれば、道は開けるだろう。
カティオーラ時代、大分高校時代から彼を知る人も多いと思う。とりあえず愛媛での活躍を期待したい。
一度見てみたいね。
[PR]
by worsyu | 2007-01-13 11:28 | サッカー | Comments(0)
<< 日本一のサポ あべ >>