どうでもいい話

どうでもいい話。
黒川紀章が都知事選に出るみたい。九石ドームを設計した人。
私の記憶の中で印象的なのは、中銀カプセルタワーかな。中に入ったことがあるが、60年代後半の匂いがプンプン。こちらが恥ずかしくなるくらい。今でも住んでいる人いるのかなあ。とてもじゃないが住めたもんじゃない。
九石ドームはきれいだよね。美しくて好きだなあ。でも、もっと安くできたんじゃないか?大事に使わなくては・・・
都知事選に出るのは結構だが、売名行為だよね。それ以外に何がある。周りの人が止めなきゃね。そういう人が周りにいないのね。かわいそうだね。建築家って、こういう人多いのかね。丹下の弟子といえば磯崎新もいるが、こちらもちょっとねえ。政治に出てこない分、人間的にはまともなのかもしれんが、あまり好きなデザインではない。講釈たれ過ぎ。

キヤノンの御手洗社長というか、キヤノンの「偽装請負」問題は、なんというか、つまらん話だ。御手洗さんの偉いところは、日本中が中国に生産拠点を移そうとした中で、日本で生産することが大切だと、徹底的なコスト管理で無駄を無くし、日本国内でも国際競争力を維持できることを実証したことにある。しかし、その実態が、この問題だ。だが、キヤノンの肩を持つわけではないが、外国人労働者や、国外の安い労働力を使って生産されたものは、労働力商品のダンピングであって、そちらの方が問題だ。国内で生産することを基本にやっている以上、ある程度の無理は出るだろう。違法性のある部分は当然改めなければならないが、必要以上に叩く筋合いの問題ではない。どちらが人間的かを考えればわかるだろう。
合理性の延長には、日本的モノづくりがある。ホワイトカラーエグゼンプションの推進にしても、企業側の論理を超えて、働く側の労働の質の向上を促すことであり、全否定するべきではない。少なくとも、肉体労働に対する頭脳労働の評価が過大すぎるという指摘は当然あってしかるべきだと思う。お役人主体の考えでは駄目なのだよ。

明日、ゼロックス杯があるらしいが、トリニータと愛媛の練習試合の方が大切。んだね。
[PR]
by worsyu | 2007-02-23 17:49 | 時事ネタ | Comments(0)
<< いいかげんなやつら 競争-コンペティション >>