「ほっ」と。キャンペーン

借りてきた猫

新潟戦を終えて。
2-1の予想は外れました。でもまあ、当たらずとも遠からじといったところか。0-1になりながらも、いつか必ず追いつく気がしていました。そして、実際、追いつきました。その力はある。そして、逆転するほどの力はなかったことも確か。大体予想通り。苦戦したのは新潟の意地を評価していいのではないか。新潟のエジは相変わらずすごいが、チーム全体の力としては疑問が残る。
新潟の最初っからの猛攻撃は、いつものこと。よく凌いだ。失点の場面は、まあ、あんなものだろう。下川ならあんなものだ。逆に西川だったら、0-0だったかも知れないが。
攻めの形は不安定。アウグストが持ち込んで囲まれてつぶされる場面が多く見られた。あのあたりの連携が上手くない。プレスを掛けてくる相手に対して、速めの球回しでスペースを作る動きが欲しかった。新潟のマンツーマンディフェンスに対応が遅れたことが流れを呼び込めなかった原因か。動かないとスペースは生まれないよ。だから、松橋、金崎が入って動いたから引っ張られてスペースができたんだよ。
流れを変えるために松橋、夢生、山崎が入ってきた。その効果はあった。新潟は下がるしかなかったのだから。逆に、彼らの代わりに下がった選手-セルジーニョ、宮沢、アウグストは問題あり、と言っていいだろう。修正が必要か。
アウグストは一人で打開しようとしすぎる。周りが使えていない。梅崎の方がクレバーだったぞ。
セルジーニョは、裏を狙うほどのスピードは無いので、高松の役割を変える必要がある。松橋とは別のプレイが要求される。高松は大変だが、セルのためにスペースを空け、お膳立てする役割を担わなければならない。
宮沢は球をさばくのに精一杯で守備的に入ってしまった。大きなミスはなかったが、消極的になってしまった。前線と両サイドへのスルーパスを期待したが、まだ、息が合っていない。また、マラニョンとも距離と役割で混乱が見られる。
まだまだ、チームの成熟はこれから。アウグストが慣れればもう少しスムーズに行くとは思うが。この要のポジションが機能してくれないと、去年の福岡戦みたいに下位チームに対しても苦戦することになる。守りを固めて個人技で得点し、逃げ切る形。それでは上位は狙えない。
金崎夢生がのびのびとプレイしてチームを救ったように、小手川ら新人の抜擢により、勢いでチームの迷いを吹き飛ばす役割を期待してしまう。頭でわかっていても体がついてこない。レギュラー陣は基本に戻って、動きながら球をまわす、そして攻めの気持ちを再確認して欲しい。リズムが悪い。これに尽きる。
[PR]
by worsyu | 2007-03-05 14:13 | サッカー | Comments(0)
<< メディアリテラシー J開幕戦直前 >>