磐田戦直前

磐田や鹿島がおかしくなっている。黄金期を築いた両雄が今はその輝きをなくしつつある。あるのは意地だけ。
今日、磐田と対戦するわけだが、先発が予想される松橋には期待が集まる。去年のいい時の流れに近づけるために、新加入のアウグスト、ボランチの宮沢とマラニョンがどれだけチームにフィットしたかを見てみたい。松橋、高橋、高松を使おうとすることでチームのリズムが生まれるはず。
小手川の投入があるかどうか、また、そのタイミングはどこでなのかも興味深い。
GKは川口VS西川の病み上がり対決なのか?
そろそろ高橋の活躍も期待したい。しっかり戦えば勝てないまでも負けないと思う。
スコアは1-1か1-0を予想する。
今回は守りが重要。宮沢、マラニョン、高橋、根本らの中盤での守りも重要となるだろう。磐田も前節の反省から、守りを立て直してくるだろうから、松橋や高橋の裏への飛び出しで揺さぶり、高松のポストプレイ、マラニョン、宮沢、根本のミドル。アウグスト、小手川のドリブル突破など、攻撃の幅の広さを見せるためにも、中盤とDF陣のがんばりが必要だ。GKが下川になったら勝つためには2点が必要。攻撃の手は緩められないだろう。選手交代がキーになる。
中盤で核となる選手がまだ決まっていない。マラニョンなのか宮沢なのか。ここが弱いから攻撃の力強さが見られない。縦への突破が見られない。だから、アウグストが取りに戻っているわけで。2人のうちどちらかが前に出て攻撃参加の形を作れるかどうか。動けなくなったら代わればいい。動けなくなるまで動いて流れを作って欲しい。
先取点は重要。
そして、最後は気持ちだ。
サッカー王国静岡で大分のサッカーを見せて欲しい。
ここで負けられない。誰が何と言おうと。
[PR]
by worsyu | 2007-03-10 10:41 | サッカー | Comments(0)
<< 負けてしまいました メディアリテラシー >>