「ほっ」と。キャンペーン

代表FWを持つ幸せ

松橋が代表に選ばれましたね。ようやく、といった感じですね。トリサポの中ではすでに準候補であったので「遅い」という感じですね。彼のスピードは既に世界レベルだったし、最近の彼の成長ぶりには目を見張るものがあったし、当然だよね。特に心の成長が素晴らしい。

ナビスコはまあまあの戦い方でしたね。追加点が欲しかったですが、できませんでしたね。先制、中押し、だめ押し、という形がベストなんですけどね。点は入らなくても、流れをそういった形に持って行けていたかどうかが大切です。試合全般を通して押し込んでいたから、まあ、狙い通りに進んでいったのではないですか?2-0の試合でしたね。敢えて問題点を言うならば、山崎の動きに切れが無かったこと。小手川は無難にやっていたが、あと一押しの積極性が欲しい。藤田も無難にプレイしていた。マラニョンとの連携も問題なし。ただ、全体的に攻撃性が欠けていた。まあ、それでも、かなりチームとして落ち着いてきた感じがした。次のFC東京戦で今回以上に中盤が機能すれば、もっとパフォーマンスが見られるでしょう。

浦和は2-2の引き分け。私の予想は外れた?2-1で負けると思っていたのに。もしかしたら1-1で引き分けかもと言いましたが。まあ、それでも大体予想通りだったけど・・・PKも当たったし・・・

ナビスコを見る限り、トリサポはなかなかなものだ。浦和サポの声を過大に恐れている人もいるが、彼らはただの声出しをしているに過ぎない。大分の応援を妨害する大声を出しているに過ぎない。大分側はおそらく去年以上に声が出るだろうし、自信を持てた大分側からすると、シドニーサポが感じたように浦和は「ただのうるさい集団」に映るだろう。

今回、松橋が代表に選出されたことで、彼とサポが自信を持てたことは大きい(もちろん、代表=オシムのチームでしかないわけだが)。浦和の大声も笑って受ける余裕ができたし、我々は我々の応援をしていれば選手に必ず想いは届くと思う。決して負けていないよ。浦和のまねをする必要はない。
トリサポも誇りを失わず戦って欲しい。
[PR]
by worsyu | 2007-03-22 00:46 | サッカー | Comments(0)
<< 盛り上がらないキリン 2プラトン >>