Urawa funs in sydney

日本のサカマスゴミは、浦和に脅かされているのかどうか知らないが、「浦和サポがシドニーを感動の渦に・・・」なんて言っている。実際は、彼らの組織化(オーガナイズ)された応援に驚いた-というのが本当のところだ。「彼らのようなサポーター(最後まで諦めない)の存在がチームに0-2から2-2に追いつくタフさをもたらしている」と言っている。「我々も勉強する部分」が多いと。日本のサカマスゴミとは違ってAリーグをよりよいものに育てたいという意識の高さを感じさせられる。日本のマスゴミも浦和サポも、彼らが数年前までクラブ間抗争で暴力行為に明け暮れて、その反省の上から今のリーグになったということすら知らないだろう。
その記事に貼られているurawa funsの写真は、我々日本人から見てもみっとも良いものではない。どちらかというとキモイ。ああはなりたくないなあと思わせるものだ。
オシム爺さんに「大分は日本ではないのですか?」とサカマスゴミはからかわれていたが、所詮その程度なんだから。レベルが低い。
その「日本ではない大分」にそろそろ浦和サポが来ているみたいだ。おそらく、赤いレプユニを着た浦和サポと思しき人たちを見つけたら多くの大分県民は指を指して笑ってしまうと思うが。あまり刺激させない方がいい。特に集団で移動している塊を見かけたら逃げたほうがいいだろう。
あの赤と黒の配色は、悪名高きナチスを連想させる。私の耳には「ウラワレッズ」が「ハイルヒットラー」の連呼にダブる。正直言って気持ち悪い。本人たちは気づいていないかもしれないが赤い色を身につけると色の効用で興奮状態になる。しかも黒色が入ることで威圧感が出る。周りに不快感を与える場合がある。だから危険なのだ。

浦和戦まで3日



b0019549_1413218.jpg








[PR]
by worsyu | 2007-03-29 13:51 | サッカー | Comments(2)
Commented by 赤い人 at 2007-03-29 22:01 x
日本最果ての地でせいぜい頑張って下さいね。大痛さん。
Commented by 赤い人2 at 2007-03-30 00:49 x
サカマスゴミがろくなもんじゃないという点は同意しますが。あと1枚目もどうかと。そして、大分は嫌いじゃないが、こうまで言われるとは。
伸二のゴールで叩き潰しますから、伸二の素晴らしさを説く娘さんとの帰宅後の会話でも考えといてください。
<< いい歌だよね 小野スンジのファン >>