test and patient(試練と忍耐)

開始早々の失点で、まず、この試合の勝敗は決してしまった。
集中力という言葉で片付けていいのか。
2点目もマグノにスピードで抜かれてそのまま電車道。誰か体を寄せて欲しい。
後半の失点では3点目。サイドを抜かれる。それは仕方ないとしても、中の播戸に寄せが甘い。
4点目は、マグノにノーマーク。左右に振られて、上げる球への寄せも甘い。
結果は4失点だが、そんなに悪いわけではない。ガチガチに守って負けたわけではないから。しかし、攻撃の形が見えてこない。
パスは相手に読まれている。1対1で勝負しないからパスコースを狙われる。勝負する人間だけをケアすればよい。(吉武氏に臨時コーチでもしてもらいたい。ドリブルの重要性。そして、パスすることの意味を再認識させて欲しい!)スペースへ走りこむ松橋が入った後半から、少しGも手を焼いたが、それも予測できる動きなのでケアできた。
G大阪は最初っからプレスを掛けて点を取りに行き、大勢を決めた上で、リスクを犯さず、相手がミスするタイミングを狙って得点を狙うという強者の戦い方ができた試合。草サッカー並み。
まず、守りから建て直さないと無理だろう。
サッカーは、ミスした方が負けなのだ。しっかり攻撃してしっかり守っていても、ミスが起きるとそこから失点につながる。攻撃も守備の一環(その逆も真なり)。相手のサイド奥深く攻め込んでいけば、そして、オフサイドを何度やってもいいから相手DFを後ろに走らせ、疲れさせた方がミスを起こしやすくなる。だからサイドを攻めろと言っているし、ラインの上下をやらせろ、と言っているのに。
中盤でタメができないから、前は動けない。アウグストの前線へのパスは安定性がない。時折魅せるプレイはあるが・・・
昨日の試合で、やはり梅崎待望論が出てきても仕方ないな、とも思った。もちろん、ボランチの不在は深刻なのだが、育成プラン上のムーや小手川は、まだまだプレイが軽い。繋がなければならないところで盗られる。梅崎がいれば、攻撃陣が機能しはじめ、ボランチが守備的でも戦えるようになるはず。(・・・鹿島病か・・・いかんいかん・・・)
ただ、現状では、攻撃的に行って負け続けるよりも、守備の確認をしながら、ミスをしない戦い方をしていく方が良い気がする。バランスを崩し、リスクを犯して攻撃するよりも、守備の中から攻撃の糸口を見つけ出し、流れを呼び込む。カウンターサッカーを追及していけばよいのではないか。前線で仕掛ければラインが引っ張られ、スペースが生まれる。そこから、また道は開けるはずだ。後ろにパスするのも時には必要だが、攻撃の流れの中でならいいのだが、消極的なバックパスは攻撃する心さえつぐんでしまう。
現状のメンバーでは4-4-2の方が機能しそうにも思えた。失点に関しては、自滅しただけで、修正はできると思う。ただ、得点することについてはまだ見えてこない部分がある。できることから始めよう。
[PR]
by worsyu | 2007-04-29 10:35 | サッカー | Comments(0)
<< 救世主はいない Football'98 >>