「ほっ」と。キャンペーン

マサルが救世主?

マサルが救世主?

久々の勝利。やっと2勝目。
開始10分間はどちらに転ぶかわからない展開。でも、今日のトリは積極的にプレスを掛けていたし、狙っていた。仕掛けていた。走っていた。でも、そんな中で松橋が怪我で退く。弟のマサルが代役で入る・・・
対する名古屋の状態は最悪。ゆるいプレスしか掛けず、引き気味。時折のカウンターが怖いだけ。そんな中で、大分が押し気味で進んでいく。オフサイドで幻に終わったゴール。CKやクロスで上げる球は名古屋の高さに押し返される。しかし、待望の先取点がやってくる。
根本のFKが壁に当たり、こぼれ球をアウグストが左に持ち込み、強力なシュート。
これだけ押し込みながら、点が入らなかったらどうしようかと思ったが、この1点でかなり有利になった。
後半、名古屋のフェルフォーセン監督が激怒して選手を鼓舞したというが、そのせいか、2人を入れ替えてきた。前半と違い、積極的に前からプレスを掛けてきた。一進一退が続いた後、名古屋がカウンターで追いつく。この点に結びつく前線での球の失い方がやはり問題。持ちすぎ。それから、カウンターを受けた時の帰りが遅い。
しかし、同点に追いつかれた後、名古屋のDFが故障で交代となってしまう。これで3枚の交代枠を使い果たしてしまった。これも運なのか?フェルフォーセン監督の短気に感謝。
大分が勝ち越す前に2回ほど決定的な場面があった。・・・・・
勝ち越し点を入れた場面は、根本が切り返して利き足の左で勝負したのが、正解。藤田は付いてこれなかった。マサルはいい反応をした。
マサルは全体的にいい動きをしていた。アグレッシブに動いていた。兄ほどのスピードはないかも知れないが、前へ前へ球を追いかけ、相手のミスを誘い出す動きをしていたし、攻撃的な形を率先して作れていた。

ただ、名古屋の状態を心配してしまう。本来なら、後、1点は取れていた試合。まだまだ、不満は残る。しかし、流れ自体は掴んでいた。これが重要。試合内容は問題が多いが、やれることからやっていけば、順位は少しづつ上がっていくだろう。失点の場面をもう一度思い出し、修正すればよい。ヨンセンはいいねえ。

梅崎復帰の可能性については?
本人次第だが、戻ってくれれば、うれしいね。
[PR]
by worsyu | 2007-05-04 00:10 | サッカー | Comments(0)
<< はめられた 救世主はいない >>