林警部

愛知県長久手町の発砲立てこもり事件で、殉職した愛知県警対テロ特殊部隊(SAT)の林一歩警部(23)に、日本中から同情の声が寄せられている。

先日、或る筋から、この方の母親が大分県出身であることがわかった。しかも、私の奥さんの実家のすぐ近くであるということもわかった。
何と、世間は狭いものだ。

おそらく、子供の頃には何度か大分に遊びに来ていただろう。水遊びであそこら辺りで遊んだかも知れない。同じ祭りを見たかもしれない。もしかしたら、すれ違ったかもしれない。

成人式の時のあの清清しい笑顔には、大分の血が混じっていたのだよ。

ご冥福を祈ります。

というわけで、ナビスコ戦では、喪章を付けて戦おうかな。彼に対する敬意を示す意味で。
[PR]
by worsyu | 2007-05-22 12:07 | 時事ネタ | Comments(0)
<< 千代が勝ったのが嬉しい 原点! >>