「ほっ」と。キャンペーン

ベルガーの誤算

彼のもたらした攻撃サッカーは、まだ、トリニータに根付いたとは言えない、ということだろうか。はっきり言って混乱している。
皆、半信半疑、手探りでやっている状況だ。何故なら、結果が伴わなくなってきているからだ。
ジェフ市原、アルビレックス新潟、東京ヴェルディ、ガンバ大阪と、4連敗。全て、裏を抜かれて失点している。センターの裏だからどうしようもない。
つまり、真中に持ち込み、DFを引きつけ、スルーパスを出す。走りこんだ人間が決める。簡単なことだ。
これを防ぐには、最終ラインを時として下げる必要があるし、MFが相手MFに対し、簡単にパスを出させないようにしなければ、ざるのように、ペネルティエリアまで攻め込まれてしまう。
後は、合わせられるかどうかの勝負。最終ラインをフラットに保つことに執心し、ゾーンプレスに固執していれば、ズレが生じ、ゴール前で簡単に2対1の状況ができてしまう。これではどうにもならない。
確かに攻撃は最大の防御である。流れを自分の方に手繰り寄せられれば、相手は自然と引き始め、カウンター狙いだけになる。押し込んだ状況を作っても、そこで決められなければ、中盤が延びきってしまうし、MFが疲弊するだけだ。形にこだわりすぎて、勝負にならない。まさに構造主義サッカー。まるで、トルシエの時の日本を思い出す。
日本人監督の守備から入るサッカーから、トルシエのフラット3、そしてジーコサッカーへの変遷はそのまま今後のトリニータにも当てはまる。
宮本のような、「これじゃあだめだ。皆、考えてマークに付き、スペースを消していこう」と言う人間が出てこなければだめだ。そして、その人間は、やはり三木だろうか。DFリーダーは必要だ。状況によって、相手をつぶす位置も変わる。高い位置で取れればよいが、逆に外されればピンチになる。
オフサイドトラップとフラットラインの勉強は今年だけでいいかな?
対戦相手の分析や戦術の変更などのきめの細かいフォローは日本人でないとできない。コーチ陣の中に日本人がいないのが歯がゆい。来年は、日本人を入れて理屈ではなく、体に覚えさせるようにしてほしいものだ。そういえば、練習相手がいないのではないか?
[PR]
by worsyu | 2004-10-25 16:47 | サッカー | Comments(0)
<< 宇宙の「宇」、多いの「多」、田... サッカーのレフェリングって >>