勝ち点3を狙っていく

千葉に負けてしまいました。
千葉は千葉だった、ということか。
千葉のいつもの戦法:「下手な鉄砲も数打ちゃあ当たる」作戦で、走りこまれ、ミドルを打たれ続け、最後に根負けして失点。1-0は妥当だろう。
失点のシーンしか見ていないが、あれは三木の言う通りだろう。寄せが一瞬甘くなった。腰がよろけた。疲れていたのだろう。後一歩が出ない。普段なら対処しているのになぜかあの時だけできなかった、というやつだろう。

しかし、まあ、前向きに考えましょう。控え選手のテストも兼ねた試合だったし、コンディション的にも辛かったかな。負け試合の中からでも評価できる点を見出して、そこを伸ばしていこう。
今年の降格ラインは、去年よりも上がりそうだね。安心できる勝ち点のラインは40点だろう。
現在、16点。微妙な位置だ。

チームは去年とは違った新しい形をつくろうとして、未だにできずにいる。去年までの形を辛うじて残しているのは両サイドMFと三木くらいか。高松、松橋が先発に出られない現状では、1-0でもいいから、試合の流れをつかんで最後まであきらめない試合運びができないと苦しい。

FW、MF、FWとすべてのポジションで競争が激化。それが高い位置でやるのならいいが、どちらかというと、けが人続出や、力不足といった否定的な理由から定まっていない。
カンフル剤として入ってきた梅崎、前田も所詮、カンフル剤。全体が機能して上昇波に乗るには、去年の広島のように後半も終わり間近の10月まで待たないといけないのかも知れない。
それまではじっとがまんして待つしか無いかも。
去年、W杯で疲れた選手たちが戻ったチームが7月に苦しんだように、アジア杯で主力を狩り出されたチームは、8月になると落ちるはず?
きっちりと、軸を立て直して、8月攻勢を掛けてほしい。みんな若いんだから。自信を持って積極的に行こう!先行投資!
まだ、まだ。浦和とも11点差(1試合少ないが)。早く1桁台にして、くっついていけばよい。早く勝ち点を20点台に乗せて欲しい。
[PR]
by worsyu | 2007-06-22 14:48 | サッカー | Comments(0)
<< 育成型ゆえの悩み レガシーシステム >>