育成型ゆえの悩み

下位チームに負けるのは、良くないよね。甲府の魂のサッカーに押し切られた観が強い。
高松、根本不在では、何だか落ち着かない。それでは、それに取って代わる選手がいるのか?というと、疑問符がつく。
しかし、サイドを積極的に動き回る選手がいないかというと、いないこともない。松橋の縦の動きに対して、中央で待てる選手がいないかというといないわけではない。
ある程度型を決めながら違ったピース(選手)を当てはまることをしないと、長いシーズンを戦っていけない。戦術の前に戦略が必要。選手が変わると違った動きをするから合わない。そうして、何とか合わそうとすると戦略が変わる。型が無い自由なサッカー。うまく機能している時は、神戸戦みたいに、気持ちよくポジションチェンジをしながら、球を廻して相手を押し込める。しかし、型が無いので攻撃が機能しないと、守備に負担がかかり始める。中が空いてDFめがてプレスを掛けられると仕方ないので前方へ球を出すしかなくなる。ボランチが下がって貰いに行かないのが不思議だ。
それでも個人技で決める力があれば、それもサッカーなのだが、その確率はかなり低い。相手に囲まれてもドリブルで突破して、決めることも可能だ。
今回の敗戦で、大分は心が弱いと感じた人も多いのではないか。若いから波がある。浮き足立ってしまう。決めるところで決めきれないのは経験不足。なかなか逆転勝ちができないのも、そうした面もあるのでは?
今回、甲府が飛ばしすぎて後半から落ちてきた。それでも、相変わらず中央突破ばかりをするから、はじき返されてしまう。梅崎、高橋、金崎、松橋ら頻繁にポジションチェンジすることで斜めの動きが出てきて、もっとチャンスメイクできたと思う。いっぱいチャンスメイクしていけばいつかは決まるさ。そういった楽しいサッカーを見たいなあ。
今回の敗戦は良い教訓になったのではないか。もっとやれたという思いがあるなら次にやればいい。
苦は楽の種。

これも育成型クラブの辛さと見るべきか。
[PR]
by worsyu | 2007-06-25 13:48 | サッカー | Comments(0)
<< ヒートデビルズ 勝ち点3を狙っていく >>