意外と強いぞ日本代表

日本代表とオーストラリア代表との試合は面白かったね。
日本は、中盤で球が持てるのが大きいね。中村、遠藤、鈴木、中村憲剛、阿部も入れて。駒野や加地も無理をしないで球をつなぐ。
球を支配することで、試合そのものをコントロールしていたね。それでも、オーストラリアに先制されたのは、豪州の気持ちの強さを感じたね。巻のあの動きは何なんだ・・・よく走り回っているけど、肝心なところでポカをするねえ。
しかし、追いつくだろうと思っていたら、案の定すぐに追いついた。相手のクリアミス絡みだったが、冷静に高原が決めたね。動きが速いね。相手が遅すぎたけど。トロ過ぎ。GKもちょっと反応にぶいし。DFも飛び込んじゃうし・・・
同点に追いついた後、相手に赤紙が出ちゃったけど、ちょっとかわいそう。一人少なくてもPK戦まで持っていったオーストラリアの精神力に脱帽だ。
日本の攻撃の組み立て方を見ながら、なるほど、と勉強になる。うまい。1対1の勝負にこだわらない。組織で戦うことが徹底されている。アジアレベルの中では、抜群の連携を見せている。ミスが出にくいだろう。それでも、最後のフィニッシュ、点を取る場面では、高原、中村に頼らざるを得ないあたりが、問題といえるかもしれないが。一人少ないオーストラリアに対して最後の最後に決める強いフィジカルとスピード、そして精神力を持ったFWが出てこないかなあ。
高松にスピードとフィジカルがつけばなあ・・・
松橋に精神力があればなあ・・・・

市原もそろそろ爆発してほしいなあ・・・・トリのFW争いに参加してほしいなあ・・・・
[PR]
by worsyu | 2007-07-23 14:43 | サッカー | Comments(0)
<< それでも日本は生きている 平山あや >>