「ほっ」と。キャンペーン

大分市夏祭り雑感

府内戦紙。おなごたちが綺麗に踊って満足していれば良し。これはおなごの祭りだから。

サンバチキリン?4ビートのジャズの音色が流れているのはすばらしい。でもミスマッチ感は否めない。リズムが合わないからだろう。しかも、あれはサンバではない。

OBS祭り。第1回カラオケ大会。優勝者は12歳の女の子。「三日月」。三日月は聞き厭きた。しかし、この娘の三日月は今まで聞いた中で一番だった。本人よりもピュア。日本語の発音で歌う三日月は新鮮だった。高音の処理の仕方も逃げなくて好感が持てた。誰かについてレッスンしているのだろう。スレていない。

今年の花火は良かった。風もそこそこ吹いて、去年みたいに煙って見えなくなることもなかった。主会場で流れている音楽は邪魔には感じないのだろうか?この感覚にも疑問。せめて、始まるまでの序曲程度でいいのでは?
テーマごとに起承転結の組み合わせはわかるが、30分間での起承転結ができていないから途中で眠くなる。でも、まあ今年は、もったいぶった花火ではなく、構成で魅せて盛り上げる花火だったから良し。迫力もまあまああったし。観客も歓声でみんな反応して盛り上げるあたり、かなり、楽しみ方を知ってきたな、と思った。
ところで、あの水中花火は私は昔から嫌いだ。いつか事故をする。やめて欲しい。事故が起きてからでは遅い。そこまでやっても演出的な魅力はない。花火師の心意気は評価するが。やり続けることで感覚が麻痺していくのだろう。
最後に、車の路上駐車を、なぜ、警察は見て見ぬふりをするのだろうか?
ゴミの無いきれいな街にしては、マナーが悪すぎる。
[PR]
by worsyu | 2007-08-06 15:11 | 地域ネタ | Comments(0)
<< グローカル 声無き声 >>