「ほっ」と。キャンペーン

冷静に戦おう!

いよいよリーグ再開である。
「リベンジ16」なんだそうだが、今から皮算用しても仕方ない。とにかく、今日の戦い方を見ないと何も言えない。
しかし、いろいろ考えてしまう。
希望を言えば、5勝~7勝を希望する。
そうすれば、勝ち点は36点~42点くらいになって残留は確定する。
甲府までの6試合で3勝2分1敗は最低して欲しい。勝ち点11=27。ここを2勝4敗で終わると6点=22点になる。これでは危ない。
まさかとは思うが、1勝1分4敗なんかだと、4点=20点。こうなったら降格を覚悟した方が良いだろう。試合を消化していくにつれて勝ち点3が欲しくなってくる。
ボーダーラインは35点以上だと思う。30点あたりだと不安だ。今年は30点前後の攻防で決すると思われる。チーム状況がどんどん崩れていけば、引き分けることすらできなくなってくる。

そんな中で勝ち抜けるには、やはり、GK西川の力に頼らざるを得なくなるだろう。
どこまで質の高い守備を維持できるかも最後の勝負では重要になってくる。
残念ながら、今日のFC東京戦には西川は欠場する。しかも、五輪予選に重なると・・・

そうした状況の中でどこまで期待できるか。結果はもちろん大切だが、戦い方をみんな見ている。
どこまでやれるのか。FWの爆発力もそれほど無い中で、どうやって試合を組み立てていくのか?エジ一人じゃ、何も変わらない。みんなが変わらないと。
ベンチワークも重要になってくる。
シャムスカ監督の真価が問われる戦いになってきた。
[PR]
by worsyu | 2007-08-11 14:45 | サッカー | Comments(0)
<< 大分魂 ガソリン価格上昇 >>