「ほっ」と。キャンペーン

22日雑感

高校野球決勝戦
「あの球をボールと言われたら何を投げればよいのか?」
ごもっとも。他にも疑惑の判定はいっぱいあったね。何とかならんのか?
でも、まあ、悪気は無いんだろうから・・・
審判の人も今頃大変だろう。

代表戦は何といっても山田優に尽きる。協会も何考えているんだか?
国立では秋川雅史。今までで一番すばらしい君が代だった。国立が盛り上がったのは、山田優の君が代を聞いていたから尚更だったのだろうか。
試合の方は、代表戦は、カメルーンが明らかに手抜きだった。おまけに、田中をはじめとする日本選手がこけるのを審判が反則で取ってくれるので、日本有利になってしまった。
カメルーンの方は、球のさばき方や、回し方、スピードと当たりの強さなど、タイミングさえ合えば一気に試合を決める力が垣間見えた。

U-22の方は、ベトナムが下手すぎたし、引きすぎていたし、それにしても平山は醜かったけど。
家永を最初っから使って、2-0くらいにしていたら、もっと楽に戦えただろうに。流れを最初に作る。力の差がある時は特に最初が肝心。
まあ、監督の采配ミスだろう。というか、それとも、まだ、自分の理論を何か試したいのだろうか?本来は3-0の試合。
[PR]
by worsyu | 2007-08-23 15:50 | サッカー | Comments(0)
<< 第一四半期最終戦 カメルーン代表選手たちを歓迎する >>