「ほっ」と。キャンペーン

都会祭り(浅草サンバカーニバル)

浅草サンバフェスティバル

叫ばないアナウンサー、レポーター。落ち着いた口調がとてもいい。普通に話している。地方に行くとハイテンションすぎて辟易するのだが。
着ぐるみをした男のレポーター(山崎邦正風の、ただし、こっちの方が断然良い)が観覧している男の子とその母親と思われる3人組にインタビュー。
「お名前は」
「○○○」
「○○○」
「おいくつですか」
「6歳」
「4歳」
そして、後ろにいる母親と思われる人にもマイクを向ける。
「え~本当の歳言うの?」
「今日は誰と来たのかなあ」
「おばあちゃんと」
「え~おばあちゃん?本当に?お若いですねえ。おいくつなんですか?」
「51歳」
「いや~若い。50歳かと思いました」
若いおばあさん大笑い。(いや、本当に若く見える)

このあたりのやり取り、うまいねえ。下町って感じで。

ブロコ アハスタォンBLOCO ARRASTAO(Rは口蓋に奥舌をつけるからハの音になる。)
何と言うか、楽しいチームだ。昔のアニメソング調。音楽と踊りはちょっと幼稚。あえてそうしているのだろうか。ここらが日本的。でも、洗練されている。ブラジルのサンバと中国の舞踊を混ぜるアイディアは素晴らしい。その表現が日本的に洗練されていて、面白い。おちょくっているのが何故か愉快。先頭の7人は黄色いタイツを着たブルースリー(死亡遊戯)風。中国武術団は、まじめに踊っている。
でも、これはサンバとは言い難いね。ただ、楽しいね。日本人の精神的にはこれがサンバなのかもしれないね。歌がCDになっているので、興味のある方は、聴いてみたらどうだろう。元気が出るよ。耳について離れなくなるかも。

人と金とモノをつぎ込んだらできる祭りの象徴のようなものだ。つながりの無い人たちが多く集まる都会において、サンバや阿波踊りなどがかろうじて祭りとして盛り上がるわけだ。

アレオトリニータももっとサンバ風に編曲したらいいのになあ、と思った。1.2.1.2じゃなくて、1234.1234で。
[PR]
by worsyu | 2007-08-25 15:44 | ひまネタ | Comments(0)
<< 織田裕二というファクター 第一四半期最終戦 >>