「ほっ」と。キャンペーン

感謝の歌

ナショナルの液晶TVビエラのCMに使われているケルティック・ウーマンの「ユー・レイズ・ミー・アップ」が流れると浦和を思い出す。去年、NHKのスポーツニュースで使われたため、そのイメージが付いてしまった。
前にも書いたが、私は試合に勝つとシャルロット・チャーチの「ピエ・イエズ」を聴いていた。戦いが終わって、体と心をクールダウンさせるために。勝利を喜び、静かに天に感謝するために。
NHKが使った荒川静香がエキシビションで使われるこの曲-「ユー・レイズミー・アップ」を浦和優勝のシーンに使われたがために嫌いになってしまった。
そこで、もし、大分が優勝した時に使って欲しい曲を探した。そして、見つけた。私の中ではシャルロット・チャーチの「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」だ。ぜひ、使って欲しい。みなさんも視聴してみてはどうだろうか。とても美しい曲ですよ。(大阪では競艇のCMに使われているようだが・・・)
個人的には、試合後、帰る前にスタジアムに流れると、心が洗われる気がする。ゴミでも拾おうかという気持になる。相手サポーターに対しても優しい気持になれるし、優越感にも浸れる。われわれはサッカーを愛しているし、少しでも高めていきたいという意志を示すことができる。
試合前に楽しんで、試合で戦って、終わったら、静かに心をクールダウンさせて、感謝する。
どうですか?

エジがキャプテンマークを付けた時、うっすらと涙が出てきました。
[PR]
by worsyu | 2007-09-24 21:38 | ひまネタ | Comments(0)
<< 懲りないリンチ殺人 依頼心を超えろ >>