責任

G大阪-千葉の試合を見て感じたのは、やはり、千葉には勝ちたいという気持がなかった、ということ。後半から汚いプレイをしてごまかしていたが、バレーには通用しなかった。強い。すごい。

大宮戦は、西川が先発ということで、これで負けたら、仕方ない。GKは野球で言えばピッチャーみたいなもの。エースで負けたら、仕方ない、と思った。江角と西川を比べたら、やっぱり、西川が上。江角は好きだけど、成長したけど。やっぱり、負けないだろう、とは思ったが。
試合は、開始早々、こぼれ球を小林に決められるが、次第に押し込むようになり、深谷が跳ね返りを決める。後半に入って、大宮は選手を交代していくが、攻撃という形にはならない。堅守から打開する策を狙っていたようだが。一方の大分は攻めながらもなかなか決められない。大宮の守りはやはり堅い。
硬直状態は続いたが、大宮が交代枠を使い切ったところで、大分のベンチが動き出す。流れは悪くないから、あと一押しをどうやってやるかの勝負。ベンチワークが利いた。残り15分で山崎に代わって前田を投入。引いて守る相手に前田のドリブルによる仕掛けと、瞬間の判断が使えると思ったのだろう。8分後、梅崎に代えて西山。雨の中、ミドルも打て、経験豊富な西山を入れて、相手を引き出す役目。そして、その直後、前田がとうとう決める。
2分後、痛んだ鈴木に代えて福元投入。これで逃げ切り。

NACK5スタジアムこけら落としということで、大宮サポも大挙して応援していた。しかし、大分は、そのサポの力を押しのけた。逆に、大宮は、引き分け狙いにトーンダウンした時点で、負けに向かい始めていた。
勝ち点3を取りに行った大分と勝ち点1を守ろうとした大宮との違いが出た試合だったのではなかろうか。大宮のホームアドバンテージを跳ね除けて勝った大分は大きな勝ち点3を得た。しかし、まだ戦いは続く。私の計算では、最低、後1勝。3点以上欲しい。できるだろう。できなきゃ来シーズンに繋がらない。
J1に残ることで満足しなければならないことは、やはり悲しい現実だ。西川、梅崎、そして、福元、森重、夢生、そして、まだ未知数だが、小手川、清武ら、これから日本サッカー界を支えるであろう若い才能を有するクラブとして、J2に落ちては成らぬ。それは監督の責任であるし、クラブとしての責任でもあるし、我々サポの責任でもある。

雨の中、応援された関東サポならびに駆けつけてくれた人たち、大分から応援に行かれたサポの皆様、お疲れ様でした。
「大分よりの使者」を歌って、選手と共に喜び合う姿は、一部の大宮のファンに羨望の念を抱かせたことでしょう。

券が無くてスタジアムに入れなかったトリサポのみなさんもお疲れ様でした。絶対に、気持は選手に伝わっていたはずです。
[PR]
by worsyu | 2007-11-11 18:51 | サッカー | Comments(0)
<< 稲尾氏逝去 臼杵 竹宵 >>