「ほっ」と。キャンペーン

サッカーがしみついている

ボカはすごいねえ。エトワールもなかなか良かったよね。
でも、ボカはミスをしないね。相手をフリーにさせる場面はなかった。必ずシュートする相手に体を寄せていたし、コースを消していた。
一方のエトワールは、個人技もあるし、体力もある。でも、負けたね。善戦したけど。互角に渡り合っていたように見えたけど、ボカが数段上だということが見えたね。
優れたFWがいれば、相手DFに囲まれても突破してシュートまで持ち込むこともできよう。しかし、やっぱり、サッカーは組織の力でやるもの。昨日の試合は、そのことを改めて思い知らされたね。
90分間、精神力だけであの集中はできない。いや、集中しているわけではないのだ。当たり前のことを彼らはやっているだけ。それが、無意識でできる。局面局面、場面場面でプレイの選択が的確にできる。これも頭を使ってやっているわけではない。体がリズムを覚えているからできるのだ。しみこんでいる。

日本のプロ野球がアジアの中で緻密な計算されたごとく試合の流れをつかんで勝ち進んだように、ボカも決して派手ではないが、細かい点で危機管理ができているし、効果的な戦術の選択もできている。冷静に試合を進めていた。
エトワールにミスが多かったわけではない。一瞬スペースができ、マークがずれただけ。カバーが少しだけ遅れただけ。ミスというには酷な瞬間。しかし、ボカはその隙間に入り込み、正確に押し込んだ。
流れの中でボカから点を奪うことは至難の業だろう。
まあ、ボカも、ACミランも今季は苦戦している。中位からなかなか上がれない。守備は堅いが攻撃力が今一つなのだろう。

浦和に可能性があるとしたら、サポーターの応援の力でミスや動揺を起こさせること。
先取点が取れれば幸甚だが、点が取れなくても守備のミスはしないこと。守備で無理しないこと。危険区域でやってはいけないことをしないこと。リスクを犯しても攻撃的に行くところとリスクを犯してはいけないところを確実に区別してプレイの選択をすること。
セットプレイの精度を上げること。2次攻撃も含めて布陣すること。
3位決定戦のことも考えるべき。

サッカーの歴史の深さを感じた。
[PR]
by worsyu | 2007-12-13 14:43 | サッカー | Comments(0)
<< 振り返ってみた-I belon... 考察してみる >>