神戸戦を終えて

神戸戦。久しぶりの勝利。ほとんど完璧に近い勝利に歓喜。ただし、あと、1点が入らなかった点は大いに反省すべき点であろうか(後半、相手は一人減って10人だったのに)。特失点差のことを考えると、後々後悔するぞ。甘さがあったかな。
サポーターの声は試合前から気合が入っていた。選手を鼓舞し続けた。サポーターの後押しがあったからこその勝利とも言える。前半の2点はそうだろう。
ベルガー監督の4-3-3システムとポジションチェンジの戦略は、うまくはまった。キーマンは吉村だった。上手くスペースをつぶして、システムを機能させた。そして、梅田は上手くなったなあ、と感心。彼抜きでは、今のトリニータの中盤は考えられなくなってきていることを知った。小森田は,使うと、それなりに活躍する。チョンボもするが、失敗しながらも成長の後が見える。マグノアウベスの冴えは素晴らしい。
1点目の場面。(J’SGOALのレポートは間違っているね。)始まりは今回、右サイドバックに入った有村からだった。「上げるな、繋げ」と思わず声が出たが、冷静に内のマグノにパスしてくれた。そして、マグノが前線に走り出した梅田に見事なスルーパス。裏に抜けかけたところで梅田がヒールでセンターにパス。西山がドリブルで持ち込み、倒れながらシュート。しかし、キーパーも詰めていて横にはじかれる。そこに、走りこんできた吉田が落ち着いてインサイドで流し込む。素晴らしい。連携がとれたよ。機能したよ。
前半、幾度か、神戸の攻めに押し込まれる場面があったが、落ち着いて処理できていた。左サイドバックに入った原田は落ち着いていた。左利きなので、サイドに押し込まれても、安心して見ていられた。ここのポジションが決まったことで、バランスが良くなった。
高崎は、DF陣のがんばりもあったが、決定的なピンチの場面も少なく、流れに乗った感じだ。チーム全体が攻めの流れの中で、高崎の起用はある程度成功しているのではないか。チョンボがなければ、しばらく彼の登用になると思う。
試合終了前のロスタイムにサポーター席から歌われた「オーレトリニータ」は、素晴らしかった。鹿島などが歌うやつと同様、我々にもそうした勝ちゲームで選手、そして、フロント、サポーター、全てが喜びに向かい、選手をたたえる歌が薄目を開けたドームに流れた。感動した。
大分トリニータのサポーターはやっぱり素晴らしい。唄の魅力を良く知っている。大分。体の芯から嬉しさがこみ上げてくる。美しい光景だった。

ラブトリニータ。
愛することから始まる。
選手を信じ、わが身を律し、戦いに向かい勝利する。
青い風が緑の地を駆け抜け、感動と喜びを分かち合う。
たたえよ、トリニータ戦士たちを。
明日に向ってわれらも進もう。

ちょっと、はしゃぎ過ぎかな。
まだまだ、道は険しいぞ。
勝ちつづけて、来期の足場を固めよう。
[PR]
by worsyu | 2004-11-01 15:06 | サッカー | Comments(0)
<< かわいそう 人の命を軽んじることなかれ >>