ひまなんで

ありえない話-リッジーの無茶振り

新マスコット発表会にリッジーが登場したらどうしよう・・・
ホームお披露目にリッジーが途中から出てきて新キャラに蹴りを入れたらどうしよう・・・
負けた試合でリッジーがサポに対して土下座したらどうしよう・・・

空想の中でなら楽しめる。でも、実際にやってみると面白くないことが多い。このあたりがエンタの難しいところだ。その場の空気や感覚的なところが読めない。

しかしながら、やはり、リッジー(悪キャラ)は難しい。愛されなければキャラとして成立しないからだ。どこか可愛いところがないと不快感となってしまう。しかも、所詮、裏としての存在なので出しゃばると嫌われる。
着ぐるみの悪キャラで思い出すのが、楽天のカラスコだ。一般的に野球という環境は、男社会である。あまり女性客はいない。しかし、楽天には女性客-「おばさん」の比率が大きい。だから娯楽性を作ろうとして、笑いの部分を入れたわけだ。この試みはある程度成功したといえる。その後、球団側の売り込みもあり、マスコミにも取り上げられることが多くなった。
しかし、このキャラのストーリー設定に懲りすぎて、笑えない部分が大きくなってきた。「悪乗り」になってしまったわけだ。誰かがツッコんでやめさせないと不快感が残る。
女性客に一度嫌われると二度と支持されなくなる。受けるところが受けなくなる。所詮、ピエロなのだから、受けなくなったらおしまいだ。このあたりの計算ができなかったからカラスコは潰れた。

道化は難しい。頭を使わないとだめだ。どこかで「上品さ」、「可愛さ」を持っていないと長続きしない。
謙虚なキャラに徹すれば・・・もしかしたら・・・?

やはり、リッジーはこのまま消えていった方がいいのかもしれないね。それとも、空想の中で遊びたいから、静かに存在してくれるといいかな・・・
時々社長がかぶるということで。

やっぱ、つだくんに相談した方がいいか・・・
[PR]
by worsyu | 2008-01-19 11:52 | ひまネタ | Comments(0)
<< ついに発表 リッジーも見たい(裏キャラとして) >>