「ほっ」と。キャンペーン

第一クール最終戦前で

開幕から3試合を終え、そろそろ前期の星勘定をしてみたい頃である。
4試合づつを1クールとして考えると、今週水曜日に行われるG大阪戦でひとつの区切りができる。クールごとに勝ち越していけばいいわけだが、対戦相手によって、取れる場合と取れない場合が出てくる。当然、負け越す場合もある。
今のチーム状況は悪くはないと言える。しかし、周りのチームが調子を上げていくのに対し、それを上回ってますます力を伸ばしていくには、戦力の充実が欠かせない。高橋、家長の復帰が絶対必要になる。スタート2戦で連勝できたのは、ハンディキャップを貰ったものくらいの感覚でいいと思う。市原、松橋、小手川、清武らも、出てきてくれないとチーム全体の力は上がらない。
第1クールは6点~7点。
第2クールは大宮、川崎、磐田、横浜FM。ここは2勝したい。大宮と磐田には勝ちたい。川崎と横浜には、どちらかを勝てると流れが上向きになるのだが・・・手ごわい。5点~7点。
第3クールはFC東京、新潟、東京V、J千葉。ここは3勝したい。新潟、東京V、千葉には勝ちたい。このクールで勝ち点を稼がないと上位は難しい。9点~10点。この時点で20点以上なら合格。15点以下なら、失速する可能性大と見る。(最初の2勝-6点はボーナス)
第4クールは鹿、神戸、京都、浦和。ここまでで流れをつかんでいれば、ここは計算しながら戦えることになる。つまり、確実に点数を取ることに専念して戦えるということだ。2点~5点。厳しい戦いになるだろうが、1点を積み重ねる大切さをここでやってほしい。そうすれば、サプライズが起きるかもしれない。
最後に札幌。確実に3点ほしい。取りこぼしをしないように。全力で戦ってほしい。
点数を合計すると、25点~30点となる。
正直、かなり甘めである。実際はもっと厳しいかも知れないが、8位目標で今の調子ならこのあたりを期待したい。逆に、20点以下だと、例年通りの降格争いに巻き込まれる可能性が出てくる。クラブ側は、中断期の補充は考えていないだろう。けが人が復活してくることを見込んでいるから、フロントは動けない。しかし、これが本当に危ない。去年の広島の二の舞はごめんだ。

G大阪戦は重要である。ここで勝ち点を3点取るか、1点か、それとも0点で終わるかでこのチームの上昇意欲がどれくらいかがわかる。もっと上を目指しているのか、今のままなら良しと考えているのか、それとも、何か不安、不満があるのか・・・これからの戦いを占う1戦といえる。
気は早いが、気概の戦いとなる。
サポは全力で後押ししてほしい。
[PR]
by worsyu | 2008-03-31 12:36 | サッカー | Comments(0)
<< 聖地を汚す行為 最近思うこと >>