「ほっ」と。キャンペーン

流れ

一人少ないハンディキャップマッチになっても引き分けに持ち込めたことには、拍手したい。実際拍手したけど。
深谷は無駄なファールだったね。もちろん、軽く行っただけだろうけど、審判にとっては、「やったっ」と思わせるには十分においしい場面となってしまった。(あまり言いたくないけど、ひいきとかそういうことじゃなくて、感情のままに、笛を吹いて、自分で強引に試合をコントロールしようとする審判が多すぎる。選手が一番だ。権威が保てているのは選手やサポからの信頼があって初めて成り立つもの。協会のお墨付きをもらっても何の威厳もないのに。勘違いしている審判が多すぎ。公平さとかは、置いといてもだ。これって、なんだか高校教師の優劣にダブって見えるのは私だけだろうか。いや、もっとひどい。中国だよ。まず、走れない審判はいらない。集中力の足りない審判もいらない。笛を吹きすぎる審判もいらない。まったく、情けない。)

川崎もあせっているのか、決定的場面をことごとく外してくれた。(もちろん、大分の守備もフリーにはさせていなかったけど。)チームとして余裕がないからだろう。精神的な問題もあろうが、フッキがいたら間違いなく決めていたと思われる。(余計なお世話だが、センターFWが弱いからいくらサイドを崩しても決められない。スペースを作るには、裏への飛び出しと、スルーパスしかない。攻撃のバリエーションが無い。畢竟、カウンターに頼ることになる。)

大分も最後の場面。ムーはきれいな球を上げた。マッサルが飛び込んだ。ここで決めるのがマッサルの魅力。ところがかすりもしなかった。合わせられたはず。亮も外に詰めていたが、まさか、素通りで来るとは思っていなかっただろう。追いつかず。もったいない。マッサルが触っていれば決める確率が高かった場面だった。触らなければならない場面だった。松橋は頭で行く事も考えて欲しい。より確率の高いプレイの選択が必要だ。

流れは勝ち試合だった。このことをよく考えて欲しい。去年の鹿島がそうであったように、2人少なくても勝つ。流れを呼び込めばそれも可能となる。サッカーも精神的駆け引きのゲームだからだ。きっちりとやっていれば失点しない。相手のミスに乗じれば得点できる。潰しあいなのだ。だから守備は大切。バランスも大切だ。西川もよく集中していた。

観客は1万7千弱だったが、ゴール裏は、どんどん強力になってきているのを感じる。今回の試合を後押ししたのもゴール裏の応援に拠るところ大だ。

流れを呼び込み、そこで決めることができるようになれば、チームとしてより高いポジションに行けるだろう。そろそろ行こうぜ。ゴール裏は呼び込む努力をしていたし、選手にも伝わったと思うよ。

BRAHMANのSEE OFF は最高にイケてる!!
[PR]
by worsyu | 2008-04-14 02:07 | サッカー | Comments(0)
<< 目くそと鼻くその争い マスコットキャラ >>