「ほっ」と。キャンペーン

覚悟を決めた

試合結果1-0で負けたと聞いて、まあ、弱り目に祟り目。得点するのは難しかったか。それにしてもよく1点に抑えたものだ。もしかして審判のジャッジがひどかったのかも・・・と思っていた。
予想通り。西村氏の桜吹雪だったようだ。


試合は見ていないので何とも言えないが、みんな、やられると思っていたはずだ。これが重要。
彼らは確信犯だ。
意図的に大分つぶしを協会側からの指令として忠実に守っているだけ。証拠はない。
もし、助けてくれる人がいるとしたら、それは他サポや一般のサッカーファン、海外のサッカーファン、サッカー関係者しかいない。後はマスコミが興味を持ってくれるのを待つか・・・

海外のサッカーファンが見たら、こう思うだろう。
「怒るのは当然だろう」
「なぜ、あれがファウルなの」
「日本じゃこんな幼稚レベルなのか?サッカーは男の格闘技なんだぞ」
「審判が試合をコントロールすることに執着しすぎている。審判が試合の流れを作る試合など絶対にしてはいけない」
「なぜ、こういうジャッジをする審判を野放しにしているのか」
「なぜ、サポーターは怒らないのか」
それに対する答えは
「我々は怒っているし、声も上げている。しかし、地方からの声は中央の権力に潰される」
「選手を守るためというよりも、点を多く入るようにしているから」
「格闘技という概念は薄い。お遊戯的なきれいなプレイを好む傾向がある」
「審判の権威は協会から認められることによって支えられている。選手や監督、サポーターは無視」
「それは協会側が支持しているからだ」
「だから、怒っている。無駄だと思うが、日本サッカーの発展のためにも声を上げないと。我々が日本を強くしていかないと」
「これじゃあ、サッカーじゃない。一時期の女子プロだ。阿部レフェリーだ」

自分たちのサッカーを信じていくしかない。それでイエロー出されても仕方が無いよ。でも、言うべきことは言う。
戦うしかない。みんな、覚悟を決めろ。

信は力なり。
One Heart, Big Challenge
[PR]
by worsyu | 2008-04-30 00:43 | サッカー | Comments(1)
Commented by たこ at 2008-04-30 20:38 x
負けを審判のせいにするとは。。。 さすがハエ男爵
<< 中国を哂いチベットを蔑む人々 味わい深い勝利 >>