「ほっ」と。キャンペーン

推定有反則(スライディング禁止令)

東京V戦は勝ちましたね。後半2-0でしたが、流れ的に勝ちだったでしょう。
東京Vは前3人に攻撃を任せたため、時間が過ぎていくと間延びしていった。中央は固めていたが、サイドがゆるゆる。
大分は、球を高い位置で廻せていた。支配率も高く、コントロールしていた。ミスからのカウンターのみ気をつければよかった。後はセットプレイと。
それでも、危ないシーンがなかったわけではないが、守備は真面目にしつこくやっていたし、囲んで奪うことができていた。
ホベルトのイエローのシーンは、一応、球に行っているが、後ろ気味なので、仕方ないかな?
でも、厳しいね。ちなみに、川崎戦の森重のイエローは、球に行っているし、しかも、後ろからとは言えない位置。これで取られるのか?と思ったが、それがJリーグなのだろうか。

浦和に対した川崎もPKを取られたようだ。あれは、球に行っているが、届かなかった。故意ではない。後ろからでもない。その後の足が高原の足に絡んだというが、それも違う。でも、審判には、かかったと見えたのだろうか。実際は、相手DFに横から寄せられたので、左足で球を前に出す。同時に軸足と反対側の右足を後ろにわざと跳ね上げて左足が掛かったように見せかけているが・・というか、すでにダイブ中なのだが・・・オーバーアクションのシミュレーションだ。
高原はシミュレーションの技術が半端じゃない。確かに上手い。ただ、本当に掛かれば、掛かった足の方向に体が回るはず。近くで見ていればわかるし、経験や音、動き方で判断できる。サッカー経験者ならわかる。このあたりは単純な舞い上がり症候群ということで心の弱い日本の審判ということか。わからないから勝手にストーリーを組み立ててるのだろうか?
川崎サポは怒っているようだ。というのも、次に、明らかなゴールをオフサイド判定されている。ついでにマスコミは面白がって浦和叩きをやっている。まあ、当然といえば当然だが。こっちの方が疑惑を生んでいる。

私は、以前から、Jリーグが「サッカーごっこ」になっているようでつまらなくなったと言っている。本物を見たいのだ。田中が足首を骨折したシーンは衝撃的だったが、土屋はわざとやったわけではない。この事件後、Jリーグのお遊戯サッカーが始まったようだ。試合内容の幼稚化と審判によるカードの連発によるエキサイト化。プロレス並みの脚本と演出があるがごとき陳腐な試合が続く。
これじゃあ、感動はないわな。子供も真似するぞ。野球はまだ、真面目にやっているよ。良心的だ。歴史が違うか。

プロレスでは、ダーティーなチャンピオンがいる方が興行的には盛り上がるらしいのだが。もう、浦和はその路線じゃないんだし、協会側ももう少し考えた方がいいよ。
[PR]
by worsyu | 2008-05-12 02:32 | サッカー | Comments(0)
<< 山田重雄監督 パンダの代償 >>