宮崎大輔

NHKのトップランナー(TR)に宮崎大輔が出ていた。
彼が現れると、客の女の子たちから歓声が上がった。MCのSHIHOが「体触っていいですか」と興味津々。まさに旬の男。引き付けるものがある。セックスアピールがあるが、いやらしくない。
彼の魅力は何なんだろうかと考えてみる。大分で時折見かける顔立ち。でも、形のよい鼻筋の通った鼻、髪型はシャギーを入れて、軽くカールをかけている。栗色に染めている。耳にはさりげなくピアス。
何となく、ヨン様に雰囲気がダブって見えてくる。癒される、というのもわかる気がする。

大分市出身。小学校は明野北。引越しでここに来なければもしかしたらサッカーやバスケに進んでいたかもしれない。
会話がおもしろい。うまい。彼が話していることはハンドボールか、それに関係する事柄でしかないのに、聞いていて面白い。渋谷のスクランブルで対面の相手をどうやってかわすか、とか、笑ってしまう。

彼の魅力はサービス精神。そして、自分に正直。礼儀正しい。ファッションがすごく身についている。借り物でない自分のものにしている。嫌らしくない。受けを狙いにいかない。狙ってやっているところもあるが、しつこくない。へつらいがない。毅然とした態度。そして、アスリートとしてのすがすがしさを失っていない。謙虚さ。

ただ、ここまで作り上げるのには、相当、頭がよくないとできない。何が自分にとってプラスであり、これをやったらイメージがマイナスになる、ということがわかっている。回りから作ったのではなく、自分で作り上げている。しかも、自分に嘘をつかず。
マイナースポーツでスター扱いされるとやがて魅力も消費されていまい、やがて忘れられてしまうもの。しかし、彼には人間的な魅力を感じる。しゃべればしゃべるほど彼の人間としての魅力を感じる。

ナカタが作り上げたクールさとは違ったクールさを持っている。ほとんど笑わない。しかし、笑わないわけではない。品の良い笑いをする。自然だ。泥臭さがない。このクール何だけど人懐っこいという点は、ある意味大分の特徴かもしれないが。

とりあえず、男はメタボじゃだめだね。それから、あの髪型がいいね。今度チャレンジしてみたい。
[PR]
by worsyu | 2008-05-20 14:25 | ひまネタ | Comments(0)
<< タクシードライバー 加藤雅也氏を想う >>