「ほっ」と。キャンペーン

気持ちの勝利

みなさん、お疲れっす!眠いっす!
結果を知らずにTV観戦をした。それまでが長い、長い。特に11時過ぎてから2時間が長かった。
奥さんはJ’sで結果を見ていた。前半、小さな声が起きていたし、途中でなんだか沈んだ様子だった。最後は気を使って無表情だった。いったいどうなったんだろうか・・・・・
おかげで、試合は眠らずに面白く見ることができました。でも、知らないのはつらい。2度としない。後悔。

さて、予想通りの展開が見られましたね。FCのガチンコぶり、審判のひいき(西村ほどではない。高松の兄ちゃんみたいな顔。まあ、許せる範囲。)、前田の活躍、高橋、高松の出場、金崎のスルーも見れたし(成長したね。決めることも大切だけど、ラストパスが出せることも重要だ。それを見たかった。)、シャムスカの采配の妙も見れた。そして結果として大分が勝ちましたね。

トリサポの勇姿も見れたし、応援も聞こえたよ。最後に試合後の「大分からの使者」も聞きたかったがプッツンと放送が終わってしまった。残念。
ところで、あのFCの横断幕「なめんじゃねえぞ東京」というのがあったが、何だかねえ。何なんだろうねえ。
昔、よく田舎に行くと聞くフレーズだったが、そのフレーズを使うのも、いまや東京ぐらいか。田舎もん?まあ、何か意味があるのだろうが。
関東の中では、一番まとも?なサポなので・・・

本当のガチンコは浦和でやってね。期待していますよ。

気持ちの違いが見えた試合だったね。押し込まれる場面はあったが、うまく受けていたと思うよ。試合の進め方、球の動かし方がなかなかうまくなったよね。我が師(サッカー解説本でお世話になりました)-風間氏の解説通りだったね。
大分がこのステージまで上がってきて、堂々と戦っている姿はすばらしい。結果論で言っているわけではない。

そして、高松主将が言うように、ホームだからといって油断はできない。何が起きるかわからないから。少しだけアドバンテージができたかな、くらいの気持ちで。
さあ、リーグ戦だ。
[PR]
by worsyu | 2008-07-03 13:24 | サッカー | Comments(0)
<< 蒸し熱っ! ステージアップ >>