蒸し熱っ!

まあ、引き分けで満足しなければならんでしょう、といった試合。
ナビスコの疲れはやはり大きかったのでは?
ナビスコで闘った他クラブも鹿島を除いて皆負けているし。
先制、失点後のセットプレイで前田の技ありのゴール。早めに追いついたことが、進歩か。
押し込まれる展開が続くが、どこかで反撃の糸口が見つかるはず。ずっと押されていて、わずかなミスで勝ち越される場面が続くが、それを凌いでいくうちに次第にチャンスも転がり込んでくる。その時に決めれば勝つかもしれない。かすかな期待を持ちながら終盤へ。
結局、引き分けで終わったが、ウェズレイのシュートは決まったかと思ったほど。そこに一瞬詰めが遅れたマッサル。こぼれ球狙いが得意のマッサルだが、この日も不発。なかなか連携したプレイがみられない。自分本位のプレイがちょっと気になる・・・・自分が犠牲になって回りを活かすプレイをみてみたいね。裏の取り方動き方が下手なんだろうか・・・
京都の蒸し暑さは想像以上だったようだ。盆地だからね。空気が逃げないんだよね。

前日のFCは、なんとも物足りなかった。もっとガチンコしてほしかったが・・それでも、やるべきことはやっていたかな。(でも、言っちゃ悪いがこれが4位とは思えない戦いぶりだった。疲れもあったのだろうけど、石川をなぜ使わないのか?よくわからん。温存?)
浦和は田中のあきらめずに追いかけたプレイが素晴らしい。FCは追いかけなかった、その差が1点目に繋がった。もったいない。2点目は、笑うしかないけど。
浦和は勝ったことで一安心できたのではないか。首位をキープできたし。でも、ポンテの交代が気になるところか。(うちのホベは大丈夫なのか?)
エジはフリーにさせるとやはり上手いね。田中のスピードと仕掛ける姿勢が前線を活性化させたね。もし田中が出てきたらマークしなければならない怖い選手だね。

まあ、京都戦は、高松を温存できたことで良しとするしかないかな。厳しい戦いだったけど、状況から考えて、勝ち点1で満足するしかないだろう。次に繋げることを考えよう。繋げなければならない。
[PR]
by worsyu | 2008-07-07 21:29 | サッカー | Comments(0)
<< 梅図かずお 気持ちの勝利 >>