「ほっ」と。キャンペーン

勝負しないサッカー

やっぱりアルゼンチンはすごい。
あのスピードであの正確さ。勝負所の強さ。
失点シーンは、安田のポカ。あれじゃあ怖くて使えない。
球の廻し方が憎たらしいくらいうまい。どこで崩しにかかるかわからない。
一方の日本の崩し方-特にワンツーの見え見えなところ。又、それか!って感じで。それは通用しないよ。
簡単に球を失うし。重心が高くて危なっかしい。
大体、FWに球が収まらない。これじゃあ、正面から攻撃のしようがない。サイドしか空いていない。情けない。
内田はよくがんばっていたね。中に折り返さずにそのまま打たないとなかなか点に結びつかないよ。
森重はうまいね。西川は気合が入りすぎ?
結果の0-1というスコアは以前、私が予想した通りだったね。
だから、五輪では結構いけるんじゃないか?という判断が成り立つ。負けなければ、予選は突破できるかも?
決勝ラウンドでは、さすがに得点しないと勝てないので、厳しいとは思うが。
反町流勝負しないサッカーが見られてよかった。彼の限界も見えたしね。

しかしまあ、どうでもいいけど、マスコミはスター探し、持ち上げをやるねえ。見ていて見苦しいね。スポーツをエンタにするためにスターを作り上げる。実力、中身に関係なく、話題性だけで追っかける。自分たち(マスコミ)のレベルが低い(自信がない)から、相手監督やチームに採点してもらう。野球じゃ考えられない。それだけ、サッカー界の底が浅いということなのだろう。誰も異を唱えないのだろうか。
アナウンサーの間抜けな実況に誰も突っ込まないのだろうか?まるでコントを見るような解説に、エンタだなあと笑ってしまう。誰かサッカーコントを作って欲しいなあ。
浦和VS鹿島なんて、プロレス実況なみに面白いと思うけどなあ。
[PR]
by worsyu | 2008-07-30 14:20 | サッカー | Comments(0)
<< 佐賀東 日名子実三氏 >>