真の戦士たちのコメント

●シャムスカ監督
「サポーター、選手、チーム関係者、全員でとった価値ある勝利。決勝は、できれば九州石油ドームでやりたい」(笑)(簡潔な言葉で的確。しかもユーモアがあり、紳士。見習いたいね。)

●ウェズレイ選手
「サポーターと同じようにうれしい。今日は特にうれしい。みんなと喜びを分かち合えたので。
我々は本気でやってきた。今度のリーグ戦は浦和なので、次の準備をしなければならない」(本気という言葉が印象的。その差も大きい。サポと一緒に戦えたことがうれしいんだね。心の準備という言葉も深い味わいがある。)

●下川誠吾選手
「失点しなければ、決勝進出できることは決まっていたので。思った通りのことができた。目の前の3バックがボールに強く対応してくれていたので、僕が仕事をするよりもDFがしっかりしてくれた。相手がサイド攻撃をしかけてくるのは分かっていた。選手の利き足の方でクロスを上げさせないように指示をした。」(いろいろ批判も多いが、彼なくしては今年のトリニータは語れないだろう。よくやったよ。)

●藤田義明選手
「うれしい。ウェズレイのシュートは打った瞬間入ると分かった。あれで楽になった。」(藤田も難しい局面で使われることが多いが、期待に応えてくれる。)

●深谷友基選手
「ウチが攻めている時、後ろでバランスを取るようにした。ロスタイム5分、いつも以上にサポーターが盛り上がり、ガーッと上がったので、サポーターの行きたい気持ちも伝わった。サポーターの存在は大きい。」(サポの気持ちが伝わり、それを表現してくれる選手。深谷が笑うとこっちもうれしくなる。)

●西山哲平選手
「自分はJ2時代からやってきているが、昇格した最初の方は何年も降格争いをしていて、ヤマザキナビスコカップを取りにいくというレベルではなかった。苦しかった時を知っているだけに、喜びはひとしおです。でも、まだまだ成長過程にあるチームなので謙虚な気持ちを持って頑張っていきたい。ロスタイムの5分の時のサポーターの声援は盛り上がりを感じた。パワーになった」(今や生き字引?貴重な存在となった。穴を埋める働きをしている。言葉も重い。)

●上本大海選手
「国立へ行きたいという気持ちが相手よりも強かった。大分の強さをアピールできたと思う。ロスタイム5分は長くは感じなかった。みんなで作った5分だから」(ロスタイムを長く感じなかったという言葉が印象的。試合いをコントロールしていたということだ。)

●森島康仁選手
「いい時期に(自分を)採ってくれて感謝です。サッカー人生で最高の時です。むちゃくちゃうれしい。(高校)選手権の時の、青春時代に戻った感じです」(青春時代と言って過去形で使うのが面白い。無邪気な笑顔に心が救われる。感謝の気持ちを表現しているところが好感持てるね。悪乗りせず、引くところは引く。謙虚さも持っている。賢い子だ。)
[PR]
by worsyu | 2008-09-08 12:44 | サッカー | Comments(0)
<< 横断幕の妙 世界のトヨタ(笑) >>