「ほっ」と。キャンペーン

八咫烏の生みの親

ウズベクの選手たちは気合が入っていたねえ。見ていて好感が持てた。
先取点は、ツリオの安易なプレイが発端。やった瞬間、「あ~あっ軽~」と声が出た。emoticon-0104-surprised.gif後は、裏に出て中に折り返し。合わせたFWも見事だったが、あれは中沢には無理かな。
同点に追いついた場面は、大久保のダイレクトで合わせた折り返しが見事。この感覚はやはりすごいね。後、何回か惜しい場面はあったが、中でも内田がシュートせずにパスを出した場面は、相変わらずストライカー不在を痛感した。それもありなんだが、確率として、その選択は低いだろう。その計算ができない。逃げている。それとも、体に染み付いているのか?内田は、勝負できる。何度もサイドを崩して決定的な場面を何度も作った。emoticon-0137-clapping.gif
まあ、これ以上言葉を繋ぐ必要は無いだろう。おそらく、やる前からみんなもしかしたら負けるんじゃないか?ぐらいの気持でいたのではないか?それくらい、今の代表の力は落ちている。(代わったFWがタコだったので助かったね。emoticon-0141-whew.gif)J2の広島みたいなチームを作りたいのかな?emoticon-0136-giggle.gif

ところで、ロゴ画像を変えてみました。これは、大分県臼杵市出身の日名子実三が昭和初期(1931年に承認)に作ったデザインです。この話はにもしましたが、彼のデザインによる日本サッカー協会のシンボルマークは、日本神話に出てくる八咫烏をモチーフにして作られています。(何と、まさしくトリニータカラーではないか!!!!)
大分に縁の深いこのデザインをトリニータの選手、そして、サポーターたちが身につけられることを切望しつつ、また、郷土の偉人の業績を讃える意味で、ここに掲げようと思います。
もし、付けられるようになったら、最初のデザインのままのやつが良いなあ!何と言うか、存在感がある。重さを感じる。オリジナルの重さだ。
今のやつと比べると、まず羽の数が違う。11枚ある。このこだわりを捨てた今のデザインは魂が抜けている。それから、球は掴んでいない。上から押さえているだけ。これもいい。頭と胸の曲線がいい。この曲線で黒のシルエットが立体的にも見える。全て直線にして平面的にしてしまった今のデザインは子供っぽい。
いやあ、格好いいねえ~!!個人的には、日名子氏のデザインのエンブレムが欲しい!!品がある!emoticon-0103-cool.gif
[PR]
by worsyu | 2008-10-15 23:45 | ひまネタ | Comments(0)
<< とある国のニンジョウ劇 世代交代に失敗 >>