「ほっ」と。キャンペーン

ニータン登場

今回のナビスコ杯決勝には、Jリーグの未来が掛かっている。
今年になって繰り返されたサポーターによる暴行事件の数々。これでは老人や婦女子が安全に楽しめる娯楽スポーツではない。Jリーグの理念にもとるはずなのに、なぜか協会はダンマリ。制裁をしろというのではない。
大分やその他にも、健全にサッカーのサポート文化を築いている人々をあまりにも軽視しすぎている。評価しない。
このことに腹が立つのだ。
協会側は、権威主義や人脈、金のみで成り立っているかのごとき有様だ。

ここでニータンの登場である。大分が生んだスターとして全国デビューする。全国のファンが待ちに待った瞬間が近づいている。
申し訳ないが、他のキャラとは格が違うのだ。何度も言うが安売りをしないで欲しい。ニータンは世界のサッカーアイドルキャラとなりうる存在なのだ。大切にしてほしい。VIP扱いだ。報道規制、ニータンを守るマネージャーは絶対必要だ。
今後も、安易なツッコミをする番組やイベント、シチュエーションは厳重にチェックしてほしい。
ニータンを大切に育てて高級ブランドにしていくことで、大分トリニータ、そして、トリサポの地位も上がっていく。

そして、やはり、トリサポの面々も、世界を目指して、堂々と盛り上げて欲しい。今年のゴール裏は、例年になく素晴らしいと思う。年々、日を追うごとに、ゴール裏サポの歌声、応援が良くなっている。周りが引き込まれるように、応援が広がっていく。スタンドが一体となった時の感動は素晴らしい。今回は、大分とは関係ないけど大分が好きという人たちも集まってくる。見ている。
本当のスターはトリサポ。
だから、特にTV局のインタビューには警戒を!取材拒否をお勧めする。なぜなら、彼らはある意図を持って取材に来る。つまり、地方から出てきた人たちという絵が欲しい。だから、どこか上から目線で取り上げられる。編集される。彼らにあるのは興味を引くものと悪意しかない。それを逆手に取ったあの横断幕は、だから素晴らしかったのだ。あれは、今年の流行語になりうるインパクトを世間に与えた。「もしかして、大分が一番イケテルサポなのかも・・・」

我々のサポートがJリーグを救う。我々にしか現状のJリーグを混迷から救えない。
たとえどんな圧力が掛かろうとも、正しいことをやっていけば必ず道は開ける。

国立で♪SEE OFFを歌い、踊り、そして♪ラブトリニータを歌おう。
もちろん、♪大分からの使者も
いきなりで声帯を痛めないように、簡単なボイストレーニング(カラオケ)をして挑みましょう。逆効果か?
お腹から声を出して!
[PR]
by worsyu | 2008-10-30 01:24 | サッカー | Comments(0)
<< トリサポ見参!! 朝礼 >>