「ほっ」と。キャンペーン

戦士の気概を見せてくれ

千葉戦が始まる。
今日の試合に勝つためにここまでやってきたといってもいい。
リーグ戦終盤でも重要な試合となる。先日の天皇杯で鳥栖戦で負けたことは残念だったが、リーグ戦に集中するという意味では仕方ないか。それほど、リーグ戦は熾烈な戦いということだ。
千葉は降格争いをしている。負けられない。死に物狂いでやってくる。それに対し受けるのではなく、挑戦者として貪欲に勝利を目指して戦って欲しい。気持で負けないで欲しい。
次節の鹿島戦は天王山となる戦いだ。そして、柏戦を経て、最終戦の名古屋は大団円となるべく、今日の戦いがその布石となる。
ナビスコを制したことの意味が、ただ、運が良かったということではないということを証明する意味でも、しっかりした戦いをしてほしい。
千葉は、好調を維持してはいるが、最近はちょっと陰りも見え始めている。引導を渡すことができるか。勝利への渇望がどれだけあるのか。
冷静に流れを掴み、引き寄せ、確実に攻め、守り、隙を見せずに闘って欲しい。
鹿島を見ながら私は闘ってきた。
鹿島に追いつけ追い越せ、だ。
勝利の女神は、勝利に謙虚な者に微笑むはず。我々は、1試合1試合全力を尽くして精一杯戦うのみだ。得点ランキング、アシストランキング、得失点差、日本代表。関係ない。全員の力を一つにして闘っているだけだ。大分版トータルフットボールを最後まで貫いて欲しい。
ここからは、試合までの毎日がその試合に向けての準備となる。

選手たちは気概を見せて欲しい。戦うことの厳しさを今回は問われるだろう。
[PR]
by worsyu | 2008-11-09 13:55 | サッカー | Comments(0)
<< 終盤戦第1ラウンド 筑紫氏 >>