負けてもプラスに

シャムスカ監督が「これからは3位以内を狙う」、というコメントを発したが、私は、これは結構戦略的な発言だと思っている。
首位を走る鹿島は、磐田、札幌と対戦する。多くの人は勝ち点3以上は確実と思っているだろうし、まさか降格が決まった札幌には負けないだろうと思っている。
鹿島が残り2試合で勝ち点を1点も取れないという確率はほとんど0に等しい。しかし、0ではない。
名古屋は札幌、大分と対戦する。札幌に引き分ける確率は0ではない。勝ち点が56で終わるかもしれないのだ。
川崎は神戸、V東京。両方とも引き分けで終わる可能性もある。56。
浦和はガンバ、横浜Fマリ。こちらも両方引き分けで終わる可能性がある。55。
FC東京は新潟には勝てても、最終節千葉には勝てないかもしれない。56。

もし、サッカーの神様というものが存在するとしたら・・・
もし、大分が柏、名古屋に勝ったら、58点になる。
次節、鹿島が引き分け以上、名古屋が勝ったら、この願いも消えてしまうのだが・・・

来季は来季。今が大切。今この瞬間が一番大切なのだ。
もし、鹿島戦で悔しいと思ったのなら、リベンジをすればよい。
シャムスカ監督も選手たちもあきらめていないだろう。

低予算の地方クラブがリーグを優勝するということは、莫大な予算をかけて選手を集め、スポンサーのご機嫌を取って運営しているビッグクラブにとって面白いはずがない。協会としても、あまり大分のようなチームがしゃしゃり出てくることは痛し痒し。むしろ、押さえ込みたいだろう。
しかし、自分は、サッカーの神様をどこかで信じている部分がある。

1%の確率でも残っている以上、それを追いかけてみないか?努力することを惜しむな!

全てをプラスに。鹿島に負けたこともプラスになる。負けたからこそできることもある。

バカと呼ばれようと狂っていると呼ばれようと、別にかまわん。(笑)

(3月の新潟戦で今年のトリニータの躍進を予感。6月の段階で優勝ラインを60点、降格ラインを38と予想。・・・・・そんなに間違っていないだろう?というか、ほとんど的中!!だからといって、優勝チームと降格チームは予想できないけど・・・)
[PR]
by worsyu | 2008-11-26 13:29 | サッカー | Comments(1)
Commented by 関東トリサポ at 2008-11-27 22:26 x
「低予算の地方クラブがリーグを優勝するということは、莫大な予算をかけて選手を集め、スポンサーのご機嫌を取って運営しているビッグクラブにとって面白いはずがない。協会としても、あまり大分のようなチームがしゃしゃり出てくることは痛し痒し。むしろ、押さえ込みたいだろう。」
 この部分特にいいですね。
<< 夢を追い続ける まだ終わったわけではない >>