カテゴリ:サッカー( 723 )

トリニータと大銀ドーム

J2も最終版。残すところ4試合となってきた。前節、ホームで札幌に快勝というか、勝った。2-0で。前半は相手に押しこまれ、シュートまで持っていけなかった。辛抱強く守備を固め、反撃の機会を探る展開へ。前半、抑えたことで、後半の体力差が出たのだ。しかし、これはたまたまだろう。ゲームをコントロールするところまでは行っていなかった。後半の2点も、エヴァの得点は、付いた相手のミスもあるが、体力勝負で勝ったエヴァの個人技によるところだ。2点目も、為田のミドルが相手選手に当たってループ気味に吸い込まれた。結果良しである。

開幕前の不安から、そして開幕戦の惨めな負け方を見て、私は、J3への危機を叫んだ。その時、私の声に耳を傾けた人が何人いようか?事、ここに至って、トリニータの存在は、いったい何なのか?と再び思わずにはいられない。

Jリーグ人気が落ち着き、資金力のあるチームが上位を占め、新旧の世代交代に失敗したり、外国人助っ人が不発に終わったチームがJ2に落ちる構図が見られる。すでにサッカー人気は下火になりつつある。新たにビジネスとして参入する企業は少なく、地方自治体におんぶしてもらい、かろうじて維持している地方クラブの現状が明らかになった。

さて、大分は、J1に昇格し、そしてナビスコカップを手にした。やがてJ2に降格し、意地で昇格はしたものの、資金力のない地方クラブに変わりなく、再びJ2に降格。今季は監督の戦力拡充の思いが強く、積極的に選手の入れ替えを行ったものの、チーム編成に失敗。バランスを取れなくなったチームは勝つことができなくなってしまった。監督解任が遅れ、チーム再建に時間が掛ったことで、J3への降格争いに巻き込まれることに。ここにきて、ようやく、チームにまとまりが出始めていることで、何とかしのげるかどうかの段階にきている。たとえ、J2にとどまることができても、来季のチームがどうなるか・・・・

ところで、私は、芝のグラウンドを人工芝とのミックス。ハイブリッド芝にすべきだと思う。ラグビーワールドカップで、日本が南アフリカに勝利できたのも、この人工芝とのミックスにより、足場がしっかり踏ん張れたことが大きいのだ。次回のワールドカップ開催地である大分のドームにおいて、芝をミックスにすることで、管理費用も安価になり、グラウンドが痛む度合いも少なくて済むようになる。

どうだろう。もう、サッカーJリーグの顔色窺ってやるよりも、現実問題として、費用対効果、経営的なステップアップを考えるべき時だと思う。ミックスになれば、コンサートなども頻繁に行うことができるようになるはず。これだけの施設を持ちながら有効利用できないのはもったいないではないか。

とにかく、残り4試合で最低勝ち点6は欲しい。できたら2勝2分で。
得失点差が-3であっても、降格する可能性があるというデッドヒート。上位4チームが図抜けている。
得失点差を-2くらいに縮めて欲しいね。それで降格なら仕方ない。監督の責任だろう。









[PR]
by worsyu | 2015-10-31 14:38 | サッカー | Comments(0)

熊本戦と同じ

同じことを何回も繰り返すというのは学習能力が低いということか。

おそらく、岡山側は、きっちり守っていけば、失点しなければ、最後は大分が勝手に崩れると思っていた節がある。

大分は前半から飛ばし過ぎ。後半持つのか?
決められる場面は何度かあったけど、決定機は岡山の方があったような気がする。優勢ではあったが、技が決まらない状態。最後にうっちゃりで負けちゃったという形。

ここ2試合ほど、先制点から、最後は守りを固めて逃げ切るというパターンで連勝した。しかし、戦前、相手に守られた場合、カウンター狙いで守備を固められた場合はどう対処するのだろうと思っていた。
みんな、走っていたよ。戻るのは速かったし、プレスも果敢にやっていた。
最後の10分、最後の5分、集中力で勝った方が勝つ。そして、負けた。

シーズン前半よりは、かなり良くなってきている。しかし、最後に走り負けている。ペース配分がおかしい。勝負所がわかっていない。抜き所がわかっていない。
体力で負けている。
清水のように、練習過多で試合で失速するよりはましだが、今回のように過密日程の中で効果的に戦うには、それなりの工夫が必要だ。

監督の差が出たのかもしれない。
少なくとも、岡山の方は、戦術がはまり、予想どおりの展開から結果を導き出した。大分は弱くないことを認識している。でも勝つためには、守備を崩されてはならない。そのためのカバーリングをしっかりする。体力を温存するために無駄走りを無くす。飛ばしすぎない。
最後に仕留めるために穴のあるところを効果的に崩す。穴を責める。
そして勝った。

それだけ。簡単である。勝つとはそういうことだ。実力差が殆ど無いか、むしろ劣っている状況であっても、効果的な戦術を駆使すれば勝負に勝つことができる。

それを証明した岡山。
力はあっても、勝ち方がわかっていない(未熟な)大分。








[PR]
by worsyu | 2015-09-28 09:53 | サッカー | Comments(0)

パウリーニョ獲得!!!

パウリーニョ獲得!!!

動けるのか?33才。
後2キロ体重落とした方が良くネ。膝とか腰に負担掛るよ。
いきなり得点して、でも、負傷、戦線離脱なんて無しだよ。

ウィルを思い出すなあ・・・

あの「We will Rock you!!」結構好きなんだよね。盛り上がるよね。やらないかなあ・・・・
「俺たちはお前たちを驚かせてやる」ってやつね・・・


「大分は偉大なチーム。下に落ちるチームではない。自分の力だけじゃなく、みんなといっしょにこの苦境を打開して、来季につなげたい。」みたいなコメント欲しいなあ。

みんな、もっと自信を持って、闘おう。きっちり、自分の仕事をしていけば、必ず勝てるから。
ストライカー不在の戦いから、そのピースをはめて、やっと戦えるようになるだけだから。
バランスが悪かっただけ。
使えないFWを何人抱えても、結局、だめだったということ。
まあ。伊佐は先発で使わなくて済むわけだ。それだけでも大きい。
高松や後藤を使う場面も出てくるだろう。

これで上手く行くかどうか、わからない・・・・・が、選手たちも少しは楽になると思う。

頼っちゃだめ。頼り過ぎちゃだめ。

自分の仕事をしっかりとやろう。完璧にやろう。そうすれば、化学反応が起きるはず。


今日は雨が降っているが、走ろう!!できる範囲で。
[PR]
by worsyu | 2015-09-16 13:17 | サッカー | Comments(0)

とりあえず走ろう

選手に「走れ、走れ」というのなら、自分が走れよ。というわけで、今日からでも走ろうと思う。
自分たちができることなんてタカが知れている。
しかし、少しでも思いが届くのなら・・・・・
だから、走る。
皆も走れ。ちょっとでもいから走れ。
病気の人は加減して。
痛めている人も加減して。
走れ。
選手たちのきつい思いを感じろ。
いっしょに戦おう。
[PR]
by worsyu | 2015-09-15 18:36 | サッカー | Comments(0)

この期に及んで

どうしてこんなことになったのか?・・・・・
なぜ、俺たちがJ3に落ちなきゃならんのか?・・・・・

優勝するメンバーを揃えたと言った指揮官は去り、そのメンバーを選んだコーチが指揮官になった。

J2でプレイする資格が俺たちには無いのか・・・・・

なぜ、落ちるのか?それは落ちるだけの原因があるからだ。点が取れない。そして、守れない。攻守のバランスが悪い。
勝ち方を知らない。
自分たちの強い所と弱い所がわかっていないから、互角の力でも負ける。
精神的に弱い。余裕が無い。結局最後は精神力。残りたいと思う気持ちが強く無ければ残れない。

失点の場面。信じられない状況が映し出されている。オフサイドを貰いたいがために手を上げて見送っている。守備放棄。これじゃあ、無理だろ。勝つ気ないだろ。戦っていないだろ。
この状況でこういうプレイの選択しかできない時点でアウトだろ。
降格危機にあるチームが、というか、降格確定圏内にある最下位のチームがやるプレイではない。
逆に、「だから、その位置にいるんだ」と言われたら、「はい、その通りです」と答えるしかない。

ここから、這い上がっていく気があるんだったら、守備は最後の最後まで完璧に守る気概を持つ。98%大丈夫でもだめ。2%で決められる。ミスしたら誰がカバーするかを徹底せよ。
走り勝つサッカーをやらなければ勝てない。綺麗なサッカーなんて見たくない。上手いサッカーよりも魂のサッカーが見たい。この期に及んで綺麗なプレイに賛辞を送る余裕はない。

あきらめるのはまだ早い。私の周りでは「もうダメだろう」と言う人が増えてきている。しかし、まだやれることはあるだろう。やれることをやってからあきらめればいい。
自分たちの想いをぶつけて、それでもだめならしょうがない。後悔しないために。

少なくとも、私は、開幕戦後、いや、その前のキャンプ中から言ってきた。「なんかおかしい」って。改革が必要だと。応えてくれなくても応援している。気持ちの部分で終わっている選手が居ても、まだ、数人、闘っている選手が居る以上、応援したい。

こんなクラブ?こんなチーム?こんなサポ?冗談じゃない。
いっしょに戦ってきた。歴史を作った。そして、今も歴史を作っている。大分トリニータはすでに大分の一部なんだよ。

あきらめのはまだ早い。まだ早いよ。

非常事態宣言だ!!!
[PR]
by worsyu | 2015-09-14 16:33 | サッカー | Comments(0)

バカ共が壁を越える

サッカーには考えるより感覚で動けというのがある。そして、その際に重要なのは、無用なプレッシャーは排除せよということなのだ。

今回の勝利にサポーターの大声援があったのは確かだろう。それがプレッシャーに感じられなくなってきたというのは、チーム状態が良くなってきたということなのだろう。

GKが武田から上福本に代わり、明るさと勇気と懸命さが伝わってきた。同様に三平のひたむきなプレイが攻撃陣に同様の効果を与えている。

西も為田も松本も躍動している。そして、高松のポストプレイも効いている。ただの放り込みではなく、サイド攻撃、スルーパス等々、いろんな攻撃ができるようになった。

それもこれも守備陣が安定したからであって、特に鈴木の活躍がある。山口、若狭、安川の際どいプレイをカバーする安定感がある。

私が降格しないための3条件の内、一応全てが揃い、結果が出始めている。
1)監督の交代。
2)4-4-2の布陣。
3)GKの交代。
もっと早くやっていればここまで苦しまなくて済んだのに。もっと中位に居ただろうに。

しかしながら、今のままでいいとは思えない。
総合力で一番安定しているのが今の形である。守備、攻撃で安定感がある。
意地悪な言い方をすれば、バージョンアップできず、不具合が出て、結局古いバージョンに戻したというのが今の形。(ベテランの力でミスを無くし、流れをつかむことができている。)

エヴァの使い方。そして、伊佐が岡崎のように飛び込んでいくようになれば・・・・。後藤は途中出場からでも裏を狙ってキーパーと一対一になるような存在になれば・・・・。
このチームの伸びシロといえば、それぐらいか。

高松にいつまでもおんぶしていられない。
上手く行っている時にこそ変革、改善が必要なのだ。

降格しないことが、柳田監督の合格ラインだとしたら、それは、このままでいけば何とかいけるかもしれない。最後まで降格レースに片足を入れたままになるだろうが。

強化部長としての評価は低いが、監督としては、現実的で、効果的な対処をしたわけで、私のプランと同じだったという意味でも評価できる。
さらに上を目指し、降格レースから抜け出すためには、彼らを効果的に使い、勝ち点を重ねていかなければいけないだろう。つまり、競り合いの試合に勝ち、得点力を上げるためには彼らの力が必要だということなのだ。
やっていることは至ってシンプル。そして、やるべきこともシンプル。無駄を排除して、最短距離でチーム力を向上させていけば良い。
結局はバカ同士。上手く行かなくて当然。しかし、そんな中でも信頼し、連携し、たまに上手く行く時がある。信頼し続けなければ生まれない奇跡。それがバカの壁なのだ。

最後になったが、東京ヴェルディ戦で応援に駆けつけてくれた関東大分トリニータ会他多くのトリサポのみなさんに感謝したい。いつも関東会の力でチームが奮いたつきっかけになっている。勇気を貰えている。感謝である。頭が上がらない。

今はまだ「♪~九州の誇り~♪」と歌うのにちょっと気が引けるが、必ず胸を張って歌える日が来ることを信じている。それだけの資格はあると思うよ。
伝説のチームだもの。
[PR]
by worsyu | 2015-07-27 10:47 | サッカー | Comments(0)

メンタルの強化

サッカーってメンタルだなあって思うわけ。
メンタルったって、いろんなメンタルがあるわけで、精神的に上に行っていないと駄目だということ。

日本代表の試合見ても、そう思った。シンガポールの負けたくない感を感じた。W杯に行きたい感も感じた。GK、DFの集中力は最後まで切れなかった。(もし、日本に勝っていたら「さいたまの奇跡」とでも呼ばれたであろうか?)
その気迫に日本代表は押されてしまった。実力は上感を出せても、勝つことはできない。というか、それほどの実力差も無いということがわかったか。

一方、女子の日本代表は、エクアドルに対して1-0の辛勝。しかし、前半に1点を入れているので、そこそこ試合をコントロールしながらの勝利であり、課題は残るが、評価できる。
ベスト4は狙えるのではないか?但し、優勝となると、難しいものがあると思う。あの時、4年前に優勝できたのは、やはり、東日本大震災後の復興に掛ける想いが国民的盛り上がりとなり、結実したという流れがあったからこそできた偉業である。実力以上の何かがそこにあったからできたものだ。
ロンドン五輪からも2年過ぎ、実力の低下は否めない。それを跳ね返すものも無い。

さて、わがトリニータだが、引き分け試合が続く。監督更迭してようやく引き分けに持ち込めるようになった。ただ、そこから上に行くためには、強いメンタルが必要だろう。

今回の最下位低迷の戦犯の一人である柳田を引っ張っても高が知れている。
私が示した再建策の案3つの内、実現したのは1つだけ。しかし、監督は更迭したものの、次の監督が決まっていない。4-4-2にしたものの、人選に問題がある。GKは変わらないから失点は防げない。際どいところではことごとく失点する。スーパーセーブは望めない。GKから勇気は貰えない状況が続く。

暗いチームの雰囲気を明るく、闘う集団に変えてくれる人なら誰でもいい。実績が無くても、理論なんて何にもなくたっていい。軽~い人間でも構わない。
「大分のために・・・」だとか言われると何だか逃げ口上に聞こえてくる。そういう時期はもう過ぎた。
何ていうかなあ、もっと生き生きとした本音の希望を見せてほしい。
死中に活を見いだすように。
「修羅場上等」と笑える精神こそ、大分トリニータだろ!
死ぬのは早い。逃げてほしくない。
(勝ったらヒーローに水掛けだとか、引き分けたらヒーローに粉掛けだとか、負けたら監督に粉、水掛けるだとか・・・
この状況でも楽しむ努力をして、前に進もうよ。)

監督と選手との共通意識が保てなくては、いくら雄弁で真面目な監督が来ても機能しない。時には、ユーモアの方が、馬鹿の力の方が、選手の心に響くこともある。
極端に言えば、「マイアミの奇跡」の前園でもいいということだ。ライセンスがあればの話。たとえばの話だ。

逆境から立ち直るためには、その逆境から抜け出した経験を持った強い心を持った人間でないと、果たしえない。

浮氣哲郎という考えも浮かんでくるが・・・・

まあ、誰が来るかで、今シーズンの位置が想像できる。
[PR]
by worsyu | 2015-06-17 12:32 | サッカー | Comments(0)

羽中田氏なんかはどうでしょう?

青野社長が田坂監督を解任せざる得なくなったことに対して、「苦渋の選択だった」と声を詰まらせたそうである。
この人は何を勘違いしているのであろうか?
ただ、まじめで、誠実で、クラブのために尽くしてくれたことに対する彼なりの温情を吐露したのであろうが、経営者として、クラブの代表としては、結果を出せなかった責任者を解雇することは当然のことであり、怒りを持っているはずである。
それが、このありさまだ。

お役所仕事なら、経費を削減して、頭を下げ回って、気遣いをし、金の工面をして、何とか動かすことはできるだろう。それだけの人。
だから、いっしょにやってくれた田坂監督には感謝しているのだろう。結果は時の運と見ているのだろう。別にJ3に落ちたって、クラブが潰れなきゃ大丈夫とでも考えているのだろうか?
そう思われてもしょうがない言動だ。


新しい監督は、やはり、モチベーターを期待したい。真面目さよりもインパクト。実力なんかどうでもいい。

たとえば、下半身不随でも指導をし続けている、羽中田氏なんかはどうだろう。
マスコミの受けもいいし、話題性がある。いろんな意味で、大分にも利点が多い。

逆境の中でもサッカー愛を貫いている。この気持ちが一番欲しいことじゃないかな。熱さが欲しい。
たとえばの話である。
でも、結構いいかもよ。

とは言っても、この時期、フリーの監督なんていないよね・・・・・・
[PR]
by worsyu | 2015-06-03 11:31 | サッカー | Comments(0)

田坂監督解任

ようやく解任の決定がなされたようで。
重い腰をクラブ側も上げたようで、遅すぎると言えば遅すぎるが、よく決心したと言えばよく決心したと言える。
まだ、希望があるということだ。
これで私が示した改革案3つの内の1つが実行されたわけで、残り2つの内、1つも為されるだろう。

もっと、伸び伸びと走り回るトリニータを見たいと思う。

柳田は戦犯そのものじゃないかとも言えるが、そうじゃないということを証明するためには実証するしかないだろう。
[PR]
by worsyu | 2015-06-01 12:45 | サッカー | Comments(0)

自爆テロに沈む

まあ、若狭が自爆テロで2点献上した時点で試合は終わっているけどね。
若狭のプレイは全て危なっかしい。上手いようで危ない。セーフティ-ファーストという言葉は彼の辞書にはないらしい。
後藤を先発で使う勇気は蛮勇に近い。
坂井は頑張ったとは思うが・・・先発で使う意味がわからない。
なぜ、松本ワンボランチなのかがわからない。

よくプレスしていたよ。前半から追いかけまわしていた。でも点は取れない。何度か決定機があったが、コチコチ。これがいわゆる負けが込んだチームのあり様か。プレイに余裕がない。最短コースの縦パスや放り込み。でも、精度が無い。崩す動きではない。裏を取る動きにも出せない。出しても引っかかる。相手にプレイが読まれている。

シーズン開始前から、そして開幕戦から私はここで予想していた通りの最下位。J3降格争い。
しかし、シーズン終了までには、少しは建て直せるだろうとは思っている。

それにはいくつかの条件がある。
1)とにかく、バランスが悪い。早急に4-4-2にして攻守のバランスを整えよ。ボランチを2枚にして攻守の要をフル稼働させて活性化させる。

2)キーパーの武田に代わるGKを早急に見つける。

3)できれば監督は休養してもらいたい。もしくは自発的に退団してもらいたい。男気だけが売りならばそれくらいのことはできるだろう。

この3つが再建の近道だろう。どれ1つとして変わらなければ、18位以下に終わることは覚悟してほしい。最悪、J3へ降格も覚悟した方が良い。現に今現在、最下位だということ。
今のままだと最下位決定だということ。仮に選手の力で上へ行こうとしても、監督のマイナス力で最下位の位置に押し下げてしまうということだ。

100歩下がって優勝はもちろんのこと、昇格争いもあきらめる。でもJ2には留まってほしいと思っているのなら、甘い考えは辞めて、この3つの内の1つぐらいはやってほしい。

「優勝する」と言った以上、その言葉は重いよ。でも、今の彼の言動や行動を見てそれを信じる人は少ないと思う。現場のスタッフや選手たちなら尚更だろう。

ブラッフを多用する指揮官は自らの言葉の重さを知らない。やがて破滅の道を歩む。

「努力は運を支配する。勝つ事のみ善である。」宿沢広朗

努力は運を引き寄せる。今は引き寄せていない。つまり、努力していないということだ。
勝つということは、それ自体が善なのだ。結果として勝てば、それは即ち戦いの中では善となる。逆に、負けは悪である。負け続けるということは、悪を是認していることになる。あってはならないこと。そこから抜け出すために努力を惜しんではいけないということなのだ。

原因があり結果が出る。結果が悪いということには原因がある。それは悪なのだから、排除しなければならない。

こんな中でみんな仲良くやっていこうというのはおかしい。

大体、キャプテンのダニエルの声が聞こえてこない。おそらく、彼が一番わかっているし、思っていることを正直に言ってくれるだろう。

クラブもいっしょになって現在の体制を維持しようとしている。保身に躍起になっている。いっしょに悪の再生産サイクルをやっているんだからどうしようもない。

監督のコメントを聞いても、これが当たり前のことなんだよ、としか聞こえてこない。つまり、J3にいっしょに落ちようぜ」としか聞こえてこない。当事者であり、責任者であり、実行犯でありながら、その気持ちは伝わってこない。感覚が麻痺している。
[PR]
by worsyu | 2015-06-01 09:35 | サッカー | Comments(0)